ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2020BRM215神奈川400追い風から帰ってきたよ

今頃の報告

真冬の雨にやられ、2年ぶりの400キロ完走はしたものの体はボロボロ。昨日は帰ってくるのに精一杯だったのですよ。まだ復調にはほど遠いですよ。

タイムは26時間33分とお粗末なものでしたが鬼門であった400キロはこれでクリアできました。次走の茨木400も連続クリアできれば一気にSRリーチですよ。出走できるかは現状未定ですけどね。

レポートは今しばらくお待ちください。

 

 

2020BRM215神奈川400追い風に行ってくるよ

まだほとんど用意できてない

残業の鬼と化してなんとか終わらせてボロボロになって退社。駅を降り、駐輪場に置いてる通勤用の轟天3号乗ろうとしたらパンクが発覚とは何かの罰ゲームですか神様。

幸い替えチューブとCO2ボンベは持ってたのでなんとか直して帰宅したけどどっと疲れたのです。

 

とにかく出走だけはできるようになりました。ただし服装の用意とかキューシートの印刷とかの最終的な準備はこれからという。

ちゃっちゃと終わらせて明日は10時頃京都発の新幹線で向かいますよ。

 

 

 

2020BRM215神奈川400追い風の服装だよ

参加確率は30パーセント程度

 

仕事の進捗が今イチで、状況次第では休日出勤が見えてきています。回避したいところですけど仕事はたまってるのは確かですからねぇ。

 

前回とほぼ変わりませんが、一応書いておきます。

 

上は安物の長袖ジャージ(サイケデリックカラー)、その上から更にモンベルのサイクルジャケット(グレー一色)、下はパールイズミの冬用レーサータイツ。

防寒着と雨天用を兼ねて、通勤用の厚手の黒い雨合羽を持っていくつもりです。

 

ヘルメットは前回使ったGIROのがヘルメットライト取り付けにくい形状ですので、リプレースするつもりのrh+を暫定復帰させましょう。まだおろしてない長距離ブルベ用に買った紫色のやつはまだおいときます。

 

あとはいつものスニーカータイプのビンディングシューズ、輪行の邪魔なのでハンドルカバーはつけないのでグローブは通勤用に買って重宝してるシマノのウインドブレークグローブで。

 

当日の天気予報が見るごとに晴れてたり雨だったりするのですが基本暖かいようで。とはいえ冬の天気は読みにくいですから邪魔じゃない限りの防寒装備は持っていきましょう、はい。

 

 

2020BRM202こんぴら200を走ってきたよその3

続きです。

 

うどんがねぇ

香川県です。うどん県です。ここは一つさぬきうどんを食べていこうかと思ったんですよ。事実愛媛県との県境くらいからよさそうなうどん屋や直売所らしきのも見えてきて何度止まろうとしたことか。

しかしこの時間(16時過ぎごろ)にはもう軒並み閉店…。作り置きをしないのが基本なんでしょうけど売り切れ御免が早すぎますよ…。ひそかな楽しみだっただけにどうにもやりきれないですが、すきっ腹を携行食の柿の種でごまかして最終のPC3に入ります。

 

f:id:underbar_shusai:20200209214545j:plain

到着時刻は17時2分、貯金は58分ですからもう大丈夫。Lチキをバンズで挟んだものですきっ腹ごまかします。

この後2人の参加者(うちひとりはミニベロ)が後着、ラスト20キロ、最後の登りに気をつけようと励まし合って私は先に出ます。

 

帰りの時間を調整する

走行再開してすぐに内陸部へと曲がっていき、しばらくの平地走行後に最後の難関である琴平町までのだらだら坂にさしかかります。約10キロの間道幅狭いわりにクルマの多い国道377号線をひたすら登る。鳥目の私にはできることなら明るいうちに走りきっておきたかった神経使う走行です。

ここでゴール後の帰路をふと考えます。今のペースで行くとおそらくゴールが18時20分くらい。受付まで終わらせて解放されるのが18時40分としても琴平駅18時47分発の特急南風24号には間に合わない。この次に乗り換えなしで特急で帰るとしたら20時14分発の南風26号まで寒空の中を1時間以上待つことになる。受付地点はゲストハウスですから少しくらい居候させてくれると甘い考えもありましたが迷惑になるといけないのでゴール時刻を少し意図的に遅らせることに。

(さすがに深夜までどこかで粘ってジャンボフェリーという最終プランは使いたくなかった)

 

登坂途中の安全な脇で足を休め、タバコも一服。ここで後着者のひとりに追い抜かれます。時計とにらめっこしながらゆっくり走行を再開し最後の最後にあるダマシのような激坂を登り切り、ちんたらとゴール目指します。

 

3両編成に輪行者5人の地獄

日もとっぷりと暮れたこんぴらさんですが、まだまだ観光客はいますね。ゴール地点のセブンイレブンはあまり自転車置けるスペースなかったのでとっとと逃げようと考えセブンカフェだけ買います。

f:id:underbar_shusai:20200209221117j:plain

到着時刻は18時49分、41分残しでのゴールとなりました。もう少し遅くてもよかったですね。

f:id:underbar_shusai:20200209221231j:plain

ムラサキ号駐めてたら寄ってきた猫ちゃん。かなりフリーダムな猫でこの後道路のど真ん中で伸びをして寝転びだしたのであわててどかしましたよ。

 

先ほど抜かれた参加者と連れだって受付地点へ向かいます。ゲストハウスでの受付は初めてですね。到着するともう宴会が始まってました。

(有志で懇親会をやるというスケジュールが含まれてたんです。私は帰宅のことがあるので遠慮しましたが)

 

f:id:underbar_shusai:20200209221642j:plain

レシートチェックも終わって無事に認定。お疲れ様でした。

少しだけ休ませていただいて琴平駅に向かいます。まずは輪行袋に詰めないと。

 

作業していたら結局参加者5人が同時に南風に乗ることになるようでこれは困った。自由席でもあまり混んでないとは事前に聞いてたもののひとかたまりになるわけにもいかないので各自散らばって別の扉から乗り込みます。空いてたのでよかったですけどやはり気をつかうですよ、はい。

 

岡山からは新幹線で新大阪まで。駅弁で本格的に夕食でした。

f:id:underbar_shusai:20200209222010j:plain

 

自宅に着いたのは午前様寸前。嫁は大いびきでしたよトホホ。翌日は有休でしたので1日ぐったりしてましたね。

 

 

これで今シーズンの初遠征は無事終了。そしてAJ広島での完走実績もできてよかったよかった。気温の読み違いはどうにもまいったけど楽しいブルベでした。こんな感じで次走の追い風400もクリアできればいいんですけどね。天気だけが心配ですよ。

 

 

2020BRM202こんぴら200を走ってきたよその2

続きです。

 

しばらく眠気との戦い

四国本土に降りたって、まず最初に立ち寄ったのはセブンイレブン

前夜2時間しか眠れなかったツケがそろそろ回ってきて、眠さで体の反応が鈍くなりだしてきたのです。過去にマイクロスリープ状態になって自爆した経験もあるだけに眠気の管理に過敏になったようでこれはヤバイと休憩決め込みます。

と言いつつ200キロブルベでは仮眠取るような時間はなし、熱いコーヒー飲んでタバコ1本つけてストレッチして無理矢理眠気をごまかします。この先数回こんな感じでごまかしてきました。追い風気味だったのに貯金ぜんぜん貯まらないのです。

今治の市街地を抜けてしばらく走り西条市へ。ほどなくPC2のローソンへ到着です。

 

f:id:underbar_shusai:20200208195140j:plain

看板のたぬきまんじゅうが気になりますが、お土産は別のものを決めてたのでスルー。

到着時刻は13時1分、貯金は47分と微増ですがまだ寂しい。おにぎりとカップヌードルをいただいて再スタート。まだ眠いですが頑張ります。

 

新居浜銘菓別子飴

「べっしあめ」と読みます。練乳にほんのりとした各種フレーバーをかけあわせた昔ながらの製法の飴。いとこ伯母が新居浜の出身で、帰省ごとにお土産にもらっていたのでなじみがあります。嫁がえらくお気に入りで新居浜通るなら絶対買ってこいとの命令を受けていたので新居浜市内に入った瞬間に売ってそうなお店を探します。

新居浜住友金属鉱山企業城下町、あちこちに住友系と思われる工場や病院はありますがなかなかそれらしいお店が出てこない、駅まで行けば売店くらいあるんでしょうけど度を外した寄り道はしたくない、イオンモールが出てきたけど売ってるかどうか自信がないし、ムラサキ号を不用意に目の離れるところに放置するのもアレだと思い断念、そうこうしてうるちに市街地を離れつつあるのが感覚でわかってきた…ヤバイ、このままでは嫁にどつかれる、代替品の土産も考えなければ…と思ってたところにそれは出てきました。

f:id:underbar_shusai:20200208201315j:plain

be-ame.co.jp

 

別子飴本舗、つまり本家本元のお店です。助かった。というか下調べしておけよ俺。

 

さっそく中に入り家用と会社用に2箱ゲット。かさばるのでその場で宅配をお願いしました。店のおばちゃん、これから自転車でこんぴらさんまで行くと言ったら驚いてましたが。

これでお土産ミッションクリア、先を急ぎます。

 

天満峠と製紙工場と

新居浜市四国中央市の市境、県道13号線をずんずん行くと本コース最大の障壁、天満峠のヒルクライムが控えております。海沿いですから標高はさほどではないものの時折斜度のきつい区間がありまして150キロ走行後にはそこそこの障壁となります。貯金は心許ないもののまだ持ってる眠気覚ましと思い気合い入れずに淡々と登っていきます。

まあ足は少し使ったものの、それよりも冬装備でこんな峠登ったものだから疲れよりも噴き出す汗の不快感が先に来て登りきったところの展望台で大休憩。結構な景色だったのに写真撮ってないアホでした。疲れてきてるのでしょうね。

汗冷えする前に一気にダウンヒルして四国中央市へ入ります。

全国トップの製紙の街ですね。ユニ・チャームとか大王製紙とかの大手メーカー、中小の製紙工場があちこちにあってメカメカしい建物も随所にあって、工場オタクの人には楽しい所かもしれません。私は本業機械メーカー勤めですから自分の仕事思い出してアレでしたが。

またもや海沿いをずんずん進んでいくといつの間にか香川県、そして最終のPC3へ入ります。そろそろ日が傾いてきたかな。

 

続きます。

 

2020BRM202こんぴら200を走ってきたよその1

睡眠時間2時間で出発

前泊地である三原の某ネットカフェ(洋服屋さんがやってるとこ)に入り、シャワー浴びてちょっとだけエロ動画見て漫画読んで22時には就寝…のはずだったんですがなぜか気が張って眠れない。うだうだして無理矢理眠りについたのがおそらく午前2時頃。4時に起きて眠い目をこすって退店し、スタート地点へ向かいます。この睡眠不足がこたえてきたのは四国上陸後でした。

 

思ったほど寒くないというか暑いわ

f:id:underbar_shusai:20200205230036j:plain

スタート地点の須波海浜公園。真っ暗で街灯もない中GPS類のセッティングしながら待ちます。寒さはさほどではなく冬用ジャージ+日の上がってないときだけ防寒着として着こんだ起毛オーバージャージではむしろ暑い。脱ぐのめんどくさくて尾道まで着こんだままで走りましたが今回の走行では無駄装備だったですね。尾道以降ゴールまでリュックサックに突っ込んでおきました。

 

スタートして黙々と国道2号線尾道方面へ。AJ広島謹製のGPSデータはみんな走り始めて気づいたようですが実はスタート地点が間違っていたという。最初コースナビが出ないので壊れたかと思いましたよ(焦)。

日が上がってきた頃に尾道到着。渡船に乗ります。

 

f:id:underbar_shusai:20200205230758j:plain

ちなみに左に写ってる黄色い車が主催者様の車。参加者を追って走ってくれるありがたさ。さすがにPC以外でのサポートはありませんでしたけどね。

渡船に乗って3年ぶりのしまなみ海道に上陸ですよ。

 

しまなみで貯金は稼げない

経験則で言うことですが、実はしまなみ海道はスピードを連続で出せる区間がそんなにありません。サイクリングコースのブルーラインを追っていくとそこそこ坂道の区間を走ることになるし、橋へのアプローチが長くて飛ばせない、向島因島生口島は結構信号がある、ステキな寄り道ポイントを全て無視してもそんなに平均速度は上げられないと思います。

それでも前回の神戸200みたいにいきなりタイムアウトになるようなことにはならないだろうしマイペースで最後尾をキープして走って行きます。

 

f:id:underbar_shusai:20200205231954j:plain

途中でもっともらしい写真も撮りつつ。

 

f:id:underbar_shusai:20200205232033j:plain

ジェラートがおいしいドルチェも朝早すぎて開店前。残念。

 

生口島から大三島へ渡る前にこんなステキな出会いがありました。

 

人の情けが身にしみる

f:id:underbar_shusai:20200205232239j:plain

手作りの絵とお人形、そしてひとことノートとともに出迎えてくれたのは地元のおばあちゃん。サイクリストへのお接待ということでみかんをふるまってくださいました。甘くてよく冷えてておいしい。その場でひとつ、おやつ用にふたついただいてノートにもひとこと沿えてお礼を言って走行再開です。大いに元気をいただきました。

 

f:id:underbar_shusai:20200205232701j:plain

毎回撮ってますが今回も。しまなみ海道でのライフワーク(笑)です。

 

あっけなくしまなみ終盤なのですよ

愛媛県に入り、少しひなびた感じの大三島伯方島を走りきると橋の寸前がPC1です。

 

f:id:underbar_shusai:20200205232950j:plain

ローソンへの到着時刻は10時2分。貯金はやはりさほど稼げてない38分ぽっち。スピード出せないのが結果的に省エネ運転になったのとみかんも食べて腹は減ってないので買ったのはコーラとどら焼きだけ。ささっと腹に詰め込んでAJ広島開催スタッフと少し話して再スタートです。

 

大島はしまなみで唯一の激坂区間(他所に比べるとかわいいものですが)、黙々と峠越えし、今治側から対向してきたレンタサイクルのお姉さんやちびっ子に手を振ったりして来島海峡大橋へ。

この長い長い吊り橋渡ればしまなみ海道は終了。四国本土へ上陸です。

 

続きます。

 

2020BRM202こんぴら200から帰ってきたよ

小春日和ってレベルじゃねーぞ

真冬の服装が完全に裏目に出た超晴天な200キロでした。

レポートは今しばらくお待ちください。