ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2019初秋のシークレットライドに行ってくるよ

当日のお天気はよろしくないようで

どことは言いませんが、どうにも曇りから雨予報。そして大阪との温度差が激しい。雨合羽を追加で持っていくしかないかな。

 

というわけで23日金曜の夕方よりシークレットライドへ旅立ちます。寸前までハッシュタグ #ナンテナガイミチノリ 付きのヒントはTwitter上で出していきますのでお楽しみに?

 

さてあと半日仕事頑張らないとな。残したら同僚に丸投げだ(アカン)

 

 

手組ホイールもチューブレス化してみたよ

だいぶ扱いにも慣れてきたし

チューブレスホイール導入最大の障壁であるビード上げ。これだけアホのようにハメたり外したりを繰り返すとコツをつかんで感覚で覚えてしまうもの。というわけでもありませんが最後までクリンチャーで残ってた手組ホイールもチューブレス化してみました。自分的に相性の悪すぎる(買ったばかりの)グラベルキングをヤフオクで処分しての導入です。

 

もとよりチューブレスレディホイールだし、今回も取付は楽勝楽勝…と思って先日購入したグランプリ5000TLを取付け…なんですが、固い。

 

固い、固すぎるよグランプリ!

 

真夏の玄関前で大汗かくこと1時間近く。なんとかはめ込んであとは空気入れるだけ…なんですがなんか取付後の形状にこれまでとは異なる感覚が。

 

これまでと比べてリムとビードの間が異様に狭くてかなり密閉感がある。つまりこの狭さがはめにくかった原因、そして密閉感があるということはもしや?

 

 

ブースター使わずに普通にポンプで空気入れてみます。

 

あっさりビードが上がってはめ込み完了。シューという空気漏れ音もしないしがっといりとはまってる。はめにくさと引き替えに強力な密閉性があるようですねこのタイヤ。

 

それでもシーラントは入れておいてもう一度空気入れて完成。写真をどうぞ。

 

f:id:underbar_shusai:20190820235209j:plain

f:id:underbar_shusai:20190820235220j:plain

バックに写ってるのは嫁の原チャリです。どうでもいいですが。

 

質実剛健を絵に描いたようなドイツタイヤ。派手すぎずいい感じに手組ホイールに収まってます。これ書いてる現在で空気入れて4日目ですが自然降下以外の空気漏れもないし完璧ですね。とはいうもののいきなり実戦投入はさすがに怖いので使い出すのはシークレットライドが終わってからにするとしましょう。

 

これで3ホイールともチューブレスですよ。はい。

 

2019初秋のシークレットライドだよ

PBPじゃないよ(資格がありません)

猛暑はまだまだ続きそうですが暦の上ではとっくに初秋です。

 

行き先も目的も当日までヒミツのシークレットライド、1年半ぶりに開催します。Xデーは8月24日。多くは申しませんがそれなりにネタ的なところかと。

(SR取得してたら8月18日スタートにして「すわPBPか」というミスリードも誘発できたんでしょうけどねぇ)

 

これまでどおり、Xデーまで1日1回から数回ペースで(Xデーに近づくにつれ頻度高くします)、ハッシュタグ #ナンテナガイミチノリ をつけてTwitterでヒントをちりばめていきますので暇つぶし程度に注目どうぞ。

 

もっかそのXデーに備えて懸命に準備中…

 

美山サイクルグリーンツアーVol.8を走ってきたよその3

続きです。

 

東半分のシークレットは2カ所

原・長尾のチェックポイントを連続クリアし、平屋エイドに向かいます。

f:id:underbar_shusai:20190812120208j:plain

f:id:underbar_shusai:20190812120241j:plain

向かう前に水路でクールダウン。足湯ならぬ足水。

 

平屋エイドの手前にシークレットがあるのですがお昼ご飯時なので激混み。あとにしましょうというわけでエイドに入ります。

f:id:underbar_shusai:20190812124545j:plain

あまりおなかが空いてないのでトマト1個と、

f:id:underbar_shusai:20190812124609j:plain

限定配布のソフトクリームをいただきます。甘さスッキリ。

それにしても食べるのがメインコンテンツの1つである今回のサイクルグリーンツアー、美味しそうなものがたくさんあるのに暑気にやられたのかどうもたくさんが食べられない。水分ばかり取るのでおなかはチャポンチャポンなんですがどうにも今回は食べるものを絞っていかないといけないのです。

 

東進してまずは一番遠い田歌チェックポイントを目指しますがそろそろ疲れも出てきて走るペースが下がります。残り3つのチェックと1つの答えわかってるシークレット、もう1つを答え探しながらクリアして15時半までにゴールしないとダメなんですが(必須ではないですけどね)、どうにも厳しい。がんばりましょう。

 

最後の1つが見つからねぇ

疲れた足で途中の知井エイドに到着したのが13時過ぎ。

f:id:underbar_shusai:20190812125452j:plain

鮎の天ぷらとか美山野菜のカレーとか食べたかったのですがまだ満腹状態。意地汚くバジルの冷製パスタだけいただきます。優しい味。

リスタート後20分ほどで田歌になんとか到着して飼われてる動物たちを見に行きます。

f:id:underbar_shusai:20190812125822j:plain

人なつっこいヤギが出迎えてくれました暑い中悪いねぇ。

時間もないので水浴びだけして引き返し、河内谷・知見を意地でクリアしたのが14時回ったくらい。これでチェックポイントはすべてクリアです。残るは答えのわからないシークレット。

 

やはり間違えてたか

ヒントからだいたいの目星はつけてたんです。ただ解釈違いの可能性もあるので自信がない。とにかく行ってみようということでメインコースから外れて向かいます。

そしてそれらしい場所につくもなにもない。作業してた若い夫婦?の人から「何人も来たけどここは違うよ~」とにこやかに言われる始末。まあそのあとでほぼ答えになるヒントをいただき、すぐ近くの正解場所へ行ってシールもらえましたけどね。おたふくジャージが面白いとお褒めの言葉もいただいたので満足。

そして残り40分ほど、ダッシュで戻り平屋近くの最初通り過ぎたシークレットへ滑り込み、ゴールインしたのは終了12分前でした。危なかったけどなんとかなりました。

f:id:underbar_shusai:20190812132451j:plain

一昨年は40度超えた気温でしたが今年もこんな調子ですよ。

 

久々に景品ゲット

受付で完走証明をもらいました。

f:id:underbar_shusai:20190812132613j:plain

そしてこっちも。

f:id:underbar_shusai:20190812132635j:plain

無理だと思った先着50人までの次回優先エントリー権もゲットですよ。こんなギリギリでももらえるということは先着制をなくしたんだろうなぁ。

 

そして閉会式。事故ゼロ、熱中症での搬送者ゼロの報告をいただき大拍手。

その後のジャンケン大会で高機能タオルをゲットし(この手ので景品もらったのはずいぶん久しぶりだ)、今年の美山サイクルグリーンツアーは幕を閉じました。

f:id:underbar_shusai:20190812133337j:plain

 

戦い済んで

駐車場に戻り、ムラサキ号を片付けてたときにちょっとしたミラクル。

横に止まってたクルマに参加者のカップルが戻ってきたのですが乗ってた自転車がともにビゴーレ製。同じくビゴーレ製のムラサキ号を見せると驚きとともに笑顔が。こんな偶然もあるものですねぇ。

その後は撤収してまずは汗を流しに道の駅スプリングスひよしの温泉でゆっくり入浴。そして走ったあとは恒例の肉というわけで、

f:id:underbar_shusai:20190812133355j:plain

亀岡のいきなりステーキで夕食です。このころには食欲も元に戻ってて400グラムのリブステーキをペロリでした。帰宅したのは20時頃だったかな。

 

というわけで昨年は台風中止となった美山サイクルグリーンツアー、今年は完走することができました。真夏のライドは距離が長かろうと短かろうと万全の準備をしないと危険ですが、充実感もたっぷり。自分の体力と相談して無理せず適度にいい汗かきましょう。楽しいですよ、はい。

 

 

美山サイクルグリーンツアーVol.8を走ってきたよその2

続きです。

 

西半分にシークレットは3カ所

あえて正解や写真をアップするのはやめて、ぼかした表現だけにしておきましょう。コースマップをしっかり見たらそんなに難しい答えではなかったのです。

ということで今度は由良川沿いに東進北上して一気に西半分をすべて回ります。

まずは川谷のチェックポイントをさくっとクリア。暑い中ボランティアの若いお兄ちゃんご苦労様。きびすを返してようやく最初のエイドステーション、大野エイドに入ります。

f:id:underbar_shusai:20190811212735j:plain

f:id:underbar_shusai:20190811212749j:plain

鯖寿司、おいなりさん、巻き寿司にキュウリにトマト、デザートにスイカをいただきます。これにて朝食終わりボトルに給水もさせてもらってリスタートします。

リスタート後すぐに出てくるシークレットポイント(建設のためのクラウドファンディングに協力したな昔)をさくっとクリア、混んでた宮島エイドを素通りして鶴ヶ岡方面へ進みます。

 

今年は1500人という平年の1.5倍の参加者ということもあり、エイドでもチェックポイントでも走行コース上でも自転車が途切れませんね。小さな子供が頑張って走ってみるの見ると微笑ましくもあり頼もしくもありですね。自転車は楽しい、その感覚をそのまま持って大きくなっても続けて欲しいものです。

未来の自転車界の事を考えてる間に(え?)、鶴ヶ岡エイドに到着です。距離が短い。

 

f:id:underbar_shusai:20190811213910j:plain

f:id:underbar_shusai:20190811213918j:plain

鮎ごはんのおにぎりをもらいます。並んだ甲斐あっておいしい。鮎はほんと香ばしい魚ですね。

f:id:underbar_shusai:20190811214021j:plain

かき氷でクールダウン。とにかく体に熱を貯めないように。少し休憩してリスタート。

ほどなく出てくる2カ所目のシークレットポイントをクリアし、洞方面へ向かいます。洞と山森のチェックポイントは行きはなだらかな登りでぶっちゃけだるいのですが帰りは5キロ以上にわたる下り、しかもクルマはほとんど来ないので快適なルートなのです。個人的には脚が残ってるときに来るべき楽しい道だと思うのですよ。

 

水浴び開始

洞チェックポイントに到着。リストバンドもらって、ちびっ子がすっぱい梅ジュースに舌鼓を打ってるようすが面白かったのです。これが大人の味やで。

f:id:underbar_shusai:20190811214457j:plain

ここの楽しみは天然水の水浴び。郵便ポストのところから流れてるのを滝行のように全身に浴びます。さきほどのちびっ子もお姉さんの参加者もみんな気持ちよさそう。頭も顔も汗だくなので洗って塩っぽさを流し、靴だけ脱いで背中にも下半身にも冷水かけまくります。速攻で乾くので問題ありませんね。

 

リスタートして一番好きな山森チェックポイントへ。下って登って到着する頃にはまた体が熱を帯びてます。

 

f:id:underbar_shusai:20190811215306j:plain

なんで一番好きかというと、家の前に水遊びできる川がある。これに尽きるのです。なんかあこがれなんですよこういうの。我が自宅の前も川ですが入って遊べるようなレベルの清流ではないですからねぇ。その川で冷やしたふるまいのスイカにかぶりつき、川に入って年甲斐もなく水浴びします。子供かとかいうな。

これにて西半分のチェックポイントはすべてクリア。宮島エイドまで戻りましょう。

 

灼熱の中昼食は

日も完全に上がりきって、一番暑い時間帯になってきました。ボトルの水を飲んだり体にかけたりして使い切り、これはヤバイと鶴ヶ岡にもう一度寄って給水します。ついでに揚げたてのコロッケがうまかったな。その給水も宮島に着く頃に半分もなかったということが暑さを物語っています。

f:id:underbar_shusai:20190811215954j:plain

お昼前の宮島エイドはやはり混んでます。まずはすぐにもらえた、

f:id:underbar_shusai:20190811220036j:plain

美山の地玉子プリンで糖分補給。少し待って、

f:id:underbar_shusai:20190811220120j:plain

地鶏の炭火焼きをもらいます。そこいらのブロイラーと違って歯ごたえがあってうまい。これぞ鶏肉。

隠れた名物のミント水をいただき後味スッキリ(ミントが本当は他の作物に害をなす農家の邪魔者なのは知ってますが)。再スタートしてすぐ近くで3カ所目のシークレットポイントをクリアです。あと2カ所。

コースの東半分はまずは原チェックポイントからです。シークレットも4カ所目は目星ついてるんですがラストがなぁ。

 

続きます。

 

美山サイクルグリーンツアーVol.8を走ってきたよその1

さて、激務続きだったけどようやっと夏休みに入ったし記事が書けますよ。

 

朝から暑い

当日4時前に自宅出発。美山に着いたのは6時を回ったくらいですから結構なハイペースでしたね。普段使わない(距離的に遠回りになるので)高速道路使ったんですが。

駐車場に到着してムラサキ号のセッティングして会場へ。

f:id:underbar_shusai:20190810201351j:plain

これまでは美山小学校のグラウンドがスタート地点でしたが今回はその裏側の南丹市役所美山支所前です。続々と集まってきます。

 

f:id:underbar_shusai:20190810204107j:plain

受付終わってゼッケンもらっておたふくジャージにつけます。迷惑にならない走りで行きましょう。

それにしても朝から暑い。開会式の間も汗だらだらですよ。熱中症には気をつけてと何度も呼びかけられます。その甲斐あって?閉会式の時に「ノー事故・ノー熱中症」で終わったと報告がありました。私自身もとにかく体に熱を貯めないよう水をかぶったりして気をつけてましたからね。

 

フォトコンテストに入選候補としてエントリーされた

スタートします。昨年中止になった分のうっぷんもありますのでなんとしてでもチェックポイントはオールクリア、そして今回設けられたシークレット・スタンプラリーのクリアも目指します。

f:id:underbar_shusai:20190810205534j:plain

当日発表のこのヒントをもとにコース上のどこかにあるシークレットでスタンプ(実際はシールでしたが)をもらってゴールすれば先着50人に次回の優先エントリー権がもらえるというもの。間に合うかわかりませんがやってみましょう。なあにたかだかチェックポイント12カ所、シークレット5カ所の合計17カ所まわればいいんですよ。楽な仕事です。

 

スタートしてまずは美山支所前を右折。今回は個人的に一番効率がよいと思ってる西進ルート改で進んでまいります。あっさりと萱野のチェックはクリア、そして今年もこの場所で写真撮ります。

f:id:underbar_shusai:20190810210938j:plain

虹の湖トンネルをくぐったところにある橋を望める絶景の場。先着して休憩してたカップル参加者にもここは美山で一番綺麗なところだからと撮影おすすめして、この写真をシュート。うまい具合に飛んできたトンビか鷹かの鳥も入ってくれました。そしてツイート。

 

いいねももらって会心の写真だと思ったのですがまさかこれがスタートゴール地点に掲載されてフォトコンテストのエントリーをされていたとは。もっといい写真があったので惜しくも入賞とはなりませんでしたけどね。

(ちなみにこのエントリー模様は公式サイトのフォトギャラリーに写真があります。おたふくジャージ着たでかいおっさんが邪魔ですが) 

 

それはおいといて続けて肱谷(ひじたに)、向山のチェックポイントもクリアします。手作りの梅ジュースがおいしかったなぁ。

f:id:underbar_shusai:20190810211750j:plain

次は由良川沿いに北上していきましょう。南下してきた参加者と手を振りながらエール交換的にすれ違います。

 

続きます。

 

美山サイクルグリーンツアーVol.8から帰ってきたよ

熱中症一歩手前

 

の中、よくやったと思いますよ。チェックポイント全て&シークレットポイントの完全制覇での完走です。とりあえず来年の優先参加権はもらったけど正直活用するかはわかりません。

今は体休めて、落ち着いたらレポートの執筆にかかりますよ、はい。