ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM915米原600はDNFだよその2

続きです。

 

白戸家お父さんの故郷という設定

で、ソフトバンクのCMにもひところ出てきましたね。一乗谷

朝倉氏ゆかりの地であるここ、昨今はCM効果もあって歴史探訪家には人気の遺跡ですね。ゆっくりしていきたかったのですがずぶ濡れの状況ではスルーするしかありません。また次の機会に見学しましょう。

この時点での参考貯金は約50分。スタートからPC1までの距離が120キロオーバーと今回は長いため、若干心許ない貯金ではあります。先を急ぎたいですが体の変調もあるため力が入りません。少し止んだと思ったのに再び雨も降りはじめ、気力を奪ってきます。ボトルの水を補給するため立ち寄った自販機前で「機材故障と雨でテンションだだ下がり」のツイートをしましたがもうこの時点でDNFする気はマンマン。と言ってもこの場でしても撤退の難易度はPC1まで変わらない、ならPC1までは行こう。そこで気分も変わるかもしれないし撤退もJRでできるだろうということで続投します。

 

道路上にそんなんあるか

JR越美北線九頭竜線)沿いの道をヒイコラと走り少し登ったところに出てきたトンネル(というかスノーシェッド)の中で出てきたもの、それは大量の土。

雨の中ですから当然ブレーキは利きにくいため、下りに変わった時点でブレーキレバーにぎりながら慎重に走らせておりました。それでもスピードは出るもので、交通量もそこそこあるためなるべく端によってトラックや自動車をやり過ごします。ところがそのやり過ごして走っていた延長線上にダンプカーが落としたとおぼしき土が大量に。感覚的には固いアスファルトが急に軟らかい土に道路変化したような感じでもろに抵抗をかぶってしまい急減速、そしてバランス崩して落車…は免れてバランス崩した状態で足ついてストップ。靴の中にまで土が入ってしまって取るのに一苦労。チェーンに絡まなかったのが幸いですが怖かった。後続車が途切れたところで再スタート。これはアカン、もう今日はやめとうと思いPC1に滑り込みます。

 

DNFした、急に腹が減った

PC1のローソンへの到着時刻は12時11分。貯金は57分。

f:id:underbar_shusai:20180917222950j:plain

(写真にソフトフォーカスがかかってるように見えるのはレンズが曇ってるからですね)

待機してくれていたオダックス近畿スタッフ氏(福井藩の人かな?)と挨拶交わし、気力が尽きたのでここでリタイヤするですよと話すと大野市内のおいしいごはんのお店を教えてくださいました。その後正式に開催者に電話し、DNF確定。秋ブルベ一発目はここで終わりました。

コンビニめしもそこそこに教えてもらったお店へ…どこも混雑ですね。ご飯時だからしょうがない。よさげな食堂があったのでそこでカツ丼をいただきます。店員の高校生くらいの女の子がかわいくて朗らかで働きぶりもよくて好感持てました。田舎(失礼)の子は純朴だ。

 

その後はJRの出発時刻まで大野市内をうろうろ。城下町とともに銘水の地なんですね。駅前に湧水の出てくるところがあってボトルに給水させていただきました。

福井からは特急しらさぎ米原までショートカット。例によって疲れ切って爆睡ですよ。米原でコインロッカーの荷物回収して帰途につきました。

 

ちなみに主催者のTwitter見るに、完走したときのご褒美にはクラブハリエ(滋賀県の超有名洋菓子店です)のバームクーヘンを取り寄せていたみたいですね。食べたかった。

 

ラストチャンスにかける

さて、このDNFで残されたSR取得チャンスは東海道リターンズのみ。開催まであとひと月弱。今できることは…まずは晴れ乞いですかね。昨年の箱根事件(肉離れでDNF)の轍を踏まぬよう、というかかじりついてでもたどり着いてクリア、600キロブルベ11度目の正直となりましょう、はい。

 

2018BRM915米原600はDNFだよその1

前日入りは正解だった…けど

輪行米原入りし、駅前ホテルにチェックイン。フロント係のおじさんが物珍しそうに「明日は何か自転車のレースでもあるんですか」と尋ねてきたので(学生時代にトラック競技に出てた経歴の人らしい)ブルベのことを説明。雨の中でも出ることとか親身になって聞いてくれ、翌朝のスタート前もフロントで自転車組ませてくれる(油がたれることがあるから最初は遠慮したんだけど)サービスぶりでした。

チェックイン後に夕食食べに行き、用意してたのに家に忘れてきてしまった雨合羽の調達をコンビニでおこない、米原駅のコインロッカーに不要な私服やリュックサックをしまい込み就寝、いったんは寝付いたのに慣れない時間での睡眠から午前0時に目が覚めてしまう始末。そこからは浅い眠りで何度も目が開いてしまって結局3時過ぎの行動開始まで悶々。朝飯を無理矢理コーヒーで流し込みスタート地点へ。頭がさえきらないままにスタートです。

 

デジタルキューシートがお亡くなり

長浜の市街地を越えたくらいで夜が明けて、鳥目の私もそろそろスピードアップが可能になるのですが、雨はやむどころかますます降ってくる。土砂降りというわけではないですがしとしとと続く典型的な秋の長雨。コンビニの雨合羽ではそうそうに浸水してきてジャージとレーパンを濡らしにかかってきます。

道中にワークマンかホームセンターでもあれば雨合羽を買い直そうとも思ったんですがそれらしいのもなく、木之本を過ぎて序盤最初の難関椿坂峠(余呉高原)越えに入る頃には上から下までべしょべしょ。度付きアイウェアに雨粒がまともに当たるので視界不良によるスピードダウン、さらにその雨粒がもろに浸水したのでしょう。デジタルキューシートに使ってるソニーの電子ブックリーダーが水没して電源入らないという自体に。

これは困った。有事の時に備えて紙にもキューシートは印刷してるもののこの雨では出すこともできないしハンドル周りに設置する手段もない。頼りにできるのはeTrex20に表示させている道案内の表示だけ。しかしガラケーよりも小さいeTrex20の表示は通常の運転姿勢では非常に見にくく、雨のしずくがガラス面にたまるので見にくさに拍車をかけている。それでもこれに頼るしかないし、ちらちらと見ながら進んでいきますがやはりここで曲がれと明確な認識ができるキューシートほどの情報量がない。PC1までに3回8キロほどのコースミスをおかしてしまいます。視認性はバッチリだけど重いし雨に弱いデジタルキューシート、自分なりの工夫と自慢の一品だったのにこういう問題もあるし次回以降は使うのやめようかな。

(ちなみに電子ブックリーダーは完全に死んだようで持ち帰り後分解して基板乾かしても電源すら入りません。廃棄決定)

 

こんな調子でよけいな体力と雨天走行での神経のすり減らしで体のほうも少し変調が。下半身に力入らず平地走行でも時速17キロほどを保つのが精一杯。テンションだだ下がりの状況で今庄から武生を過ぎ、歴史好き垂涎の地、一乗谷へ向かいます。

 

続きます。

 

2018BRM915米原600から帰ってきたよ

10度目の正直ならず

 

というわけで雨の中PC1までは行きましたがそこで心ポッキリ。あえなくDNFとなりました。先頭は岐阜県に突入した頃だろうけどまだ雨は続いているようで。気をつけて頑張ってください。

 

敗者のレポートはのちほど。

2018BRM915米原600に行ってくるよ

お天気は微妙

かさばるのはいやなので厚手の雨合羽は持っていきません。吉か凶か。

 

それはさておき夜が明け、午前だけ仕事終わらせたら出発…の前に一時帰宅。会社から直接向かうとホテルのチェックインが早すぎるのでゆっくり行くことにしました。天気も不安定ですしね。

 

今度こそ悲願のSRなるか?それとも千里浜の砂に埋もれるのか?はたまた飛騨高山の山中でかにばさみ(わかる人だけわかれ)されるのか。こうご期待。

 

ここからは連絡ありましたらTwitterなどでお願いします。

 

 

 

2018BRM915米原600の服装だよ

参加確率50パーセント

 

仕事ぶん投げて逃げたい気分ですがそうもいかないですね。

帰宅してちまちま準備して、あとは持っていくものを用意するだけです。

 

で、服装。

 

今回はシンプルにパールイズミの真っ白&ファスナー部分だけが赤いジャージ、インナーにおたふく手袋(公式Twitterの中の人、ロードバイク購入おめでとうございます)の白い長袖インナー、下は夏用タイツに靴は青のスニーカータイプのSPDシューズ、新調したブルベ用グローブにrh+のヘルメットですかね。夜に冷え込んだら温度調整用の半透明ウインドブレーカーを着てるかな。

 

反射ベストはいつものやつですしムラサキ号は目立って装備を変更したわけでもないしそのまんま。気負わず、ゆるりと遊んでうまくいけば完走できてSR達成くらいの気持ちで秋ブルベを開幕しましょう。

 

金曜午後から出発ですよ。

 

今年のいばきたは11月11日だよ

サイト更新はまだだけど

www.ibakita.jp

 

トップページから見えるFacebookの埋め込みにしっかり書いてありますね。

参加費無料、1日遊べる自宅から一番近いサイクルイベント、今年も参戦しますかね。

 

座して正式発表を待ちましょう、はい。

 

11-30Tに換えてみたよ

回すためには仕方なし

当然ながらブルベでの登坂対策です。32Tまでは使わず(実は数年前に使ったことがあるのですが、平地走行でギヤチェンジを頻繁にするハメになったので自分には合わないと思った)ここで妥協。

f:id:underbar_shusai:20180901212934j:plain

CS-R7000 11-30T。新型105になったのは予算都合でしかたないですね。これでメインコンポが5800系105、ブレーキアーチがR8000アルテグラ、そしてこいつにおまけとしてホイールのハブだけが6800系アルテグラときてシマノ祭りまっさかりですよ奥さん(誰)

 

チェーン未交換は自己責任で

ホイールに取付け、あっさりと交換完了。

f:id:underbar_shusai:20180901213652j:plain

大きい方向にスプロケ交換をするとチェーンも長い方向に変更する必要があるのですが歯数2つ程度の増加、他のギヤも構成がさほど11-28T時代と変わらない今回のパターンではそんなに神経質にならなくていいようです。試走した限りでは変速もサクサク入るし、プーリー部分に無理っぽいテンションのかかりかたもしてない。このあたりは自己責任ということでOKを出しておくことにします。

 

f:id:underbar_shusai:20180901214151j:plain

 

さてさてこの交換が吉と出るか凶と出るか。結果は再来週の米原600で出ることでしょうね、はい。