ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

チューブレスタイヤその後だよ

どうしてこうなった(早とちりです)

トライアンドエラーの繰り返しでなんとかビード上げ成功し、川西600はDNFだったもののかなりの武器になることが実証されたチューブレスタイヤがまたビード落ちしたのは先日のこと。

上がるときは上がる、上がらないときはとことん上がらないという状況を顧みるに、「なんか根本的なことを見逃してるんじゃね?」と思い情報収集にいそしんでいたところよく目についたのが、

 

チューブレスタイヤ

チューブレスレディタイヤ

という2つの表記。

 

ホイールの場合、

チューブレスホイール = ビードのかかるフックがチューブレス対応になっていてリムにニップル穴が開いてないホイール。リムテープ不要、シーラントも(基本的には)不要。

チューブレスレディホイール = ビードフックがチューブレス対応であるが、ニップル穴が開いてるため専用のリムテープを貼り穴をふさぐ必要がある。機密性を上げるためにシーラント必須。

 

という明確な違いがあり、自身でも理解はしております。

 

ところがタイヤについては実はメーカ間でも表記揺れが激しくて勘違いしやすいのですが、調べていくにつけ理解したことがひとつ。

 

チューブレスタイヤとチューブレスレディタイヤは似て非なる別物。

 

つまり、私の手に入れたPrime Proホイールはチューブレスレディホイール。これに対して用意したIRC FORMULA PRO RBCCはチューブレスタイヤ。基本的に組み合わせが間違えていたというオチ。

(実はこの組み合わせでも使えるのですが、ビード上げ問題とシーラントの問題もあるので組み合わせ的にはあまりおすすめできない。個人的見解ですが)

 

上がるときは上がる、でもすぐにビード落ちする理由はこのおすすめできない組み合わせにより発生したものであると結論づけます。

 

※メーカ間でも表記揺れが激しいと上で書きましたが、主要なタイヤメーカ(および代理店)のサイト見た限り、自社タイヤでチューブレスとチューブレスレディを明確に切り分けてるのはハッチンソンだけでした。

日本ではトップシェアと思われるIRCでもこのタイヤはどっちなんだとの表記がはっきりしない。

 

どうしてこうなった(究極回答)

原因がわかった以上、どうにかせねば前には進みません。とにかくタイヤを明確にチューブレスレディうたってるハッチンソンのものにしましょう。日本で買うと2倍以上の差があって高いからエゲレスから取り寄せて…と。

 

そして本日(6月23日)、回答を写真に撮ってみました。

 

f:id:underbar_shusai:20190623225318j:plain

あら?逆光でわかりにくい?少しタイヤをアップにしましょう。

 

f:id:underbar_shusai:20190623225356j:plain

そうか。ハッチンソンのULTEGRAってタイヤにしたんだな…ってこれホイールやん。

f:id:underbar_shusai:20190623225504j:plain

SHIMANOって入ってる。タイヤ替えるはずなのになんでホイールが替わってる?

 

…はい、つい魔が差してやってしまいました。本物のチューブレスホイール導入です。ヤフオクで結構安価で出てた中古のWH-6800。ちなみにタイヤはそのままFORMULAですよ。チューブレスホイールとチューブレスタイヤの正しい?組み合わせ。

 

宅配で届いたその足でビードはめて石鹸水をちょいちょいと塗るだけでブースターは使ったものの一発でビード上げ成功。やはり気密性が担保されてるホイールと専用のタイヤの組み合わせは楽ですよ。今までのはなんだったんだ。

今どきの主流でないナローリム(内径15ミリ)なのが難点ですがこれはこれで短距離から中距離のブルベ用としてストックしておきましょう。

 

ハッチンソンのタイヤを注文してるのは本当ですよ。チューブレスレディタイヤとうたわれているものがどう違うのか確かめたいので届き次第Prime Proに取り付けてみますよ。今の手持ちのホイールではダントツで軽いのでこれでダメならクリンチャーに戻してヒルクライム用においときましょうかね、はい。

 

 

2019BRM1012日本橋600にエントリーしたよ

奥の細道

というサブタイトルがついたAR日本橋の名物?片道600キロブルベ。東海道シリーズが今年はなくてこちらが今回。ということは来年は奥の細道リターンズかしら。

アホな予想はおいといて目的地は奥州平泉(岩手県)。参加できれば初の東北地方の走行ですよ。スタートが木場公園ですから最初はひたすら信号峠なんでしょうね。

 

おそらくこれが今年最後の600キロブルベ。ぶっちゃけ保険的なエントリーです。本命は9月の神戸600(大山とお堂を巡る)なんですがこっちはちとスケジュール的に参加がやばそう。募集人数も少ないですしこっちにすべてを賭けるかもですね。

 

さて7時スタート組でエントリーだけは済ませたけど、残る難関の400キロはどうすんべかなぁ…。

 

2019BRM608川西600はDNFだよその4

続きです。

 

魔物降臨

貯金約10分の状態からリライムを出発し、跨線橋を越え、じわじわ登り開始になる永平寺町に入ります。正直寝足りなくて大あくびしながらですが次なるフォトチェックの曹洞宗大本山永平寺の石碑までガンガンとこいでまいります。

そういや朝飯食ってないな。腹が減ってきたけどフルジェルで保たせるかと思いジャージの中に忍ばせたフルジェルを取り出そうとしたときに異変察知。

 

…ん?なんかおなかのところがやけにスカスカする。いつもならブルベカード入れて首から下げたホルダーの感触があるはずなのになんか違う。寝ぼけてるから感触を間違えてるだけかしらと思いおなかをもう一度まさぐると…

 

 

ない!

 

ブルベカードホルダーがない!

 

あわててストップしてあらためてチェック。やはりない!

 

落ち着け、仮眠するまでは持っていたはず。ということは十中八九リライムに忘れてる。途中で落としたということはありえない。戻れ、幸い次はフォトチェック、多少時間を食っても回収できればまだ挽回のチャンスはある。もとよりPC5には貯金ほぼなしで入る予定(その先でスピードアップしてPC6までに再貯金できると読んでた)だったじゃないか。とにかくリライムに戻れと自分に言い聞かせて必死で戻り始めます。ちなみに7キロほど進んだ地点からの逆戻りです。跨線橋の登坂距離が長いのでつらい。

 

リライムに戻り、ホルダーは無事見つかりました(フロントに届けてあった)。気を取り直して再スタート。この時点で夜は完全に明けてます。予定では夜が明けるかまだかのころに石碑を撮影する予定だったのに俺のアホ…。

 

無念のタイムアップ

その後なんとか永平寺には到着。往復14キロちょい、時間にして約1時間のロスは痛すぎて到着時刻は5時7分(写真のタイムスタンプより)。

f:id:underbar_shusai:20190617221132j:plain

それでも写真だけは撮って再スタート、直後にある2日目最初の難関である1.5キロで130メートルアップの宇坂トンネル迄の登りを開始します。が、足がまったく回らない。やはり引き返し運転のツケがここに来てるようで歩いて押してとまではいかないまでも大苦戦。巻きで行くどころかここでついにタイムは借金生活に入ります。登りをクリアしたころには気合いも体力もヘロヘロ。意地だけで前へ進めますが気が回らずコースロストはするし平地でも思うようにスピードに乗れないわでもうアカン状態。途中のセブンイレブンでホットコーヒー飲んで気合いを入れ直すのですがどうにも続きません。そうこうしてるうちに越前市の中心地、武生まで来ます。約376キロ地点。算出する目論見借金は約18分。PC5(南条)まで残り約8キロで借金を回収するのはサラ足の状態でも無理というわけで、ここでDNFを決意。武生なら特急も止まるし撤退が簡単だというのも理由にありました。

リタイヤ地点にあったファミマには先着者のお兄さんがいましたがどうも同じような理由でこちらもDNFのよう。お互いお疲れ様でしたとねぎらいあって私は反対側にあるマクドナルドへ。

f:id:underbar_shusai:20190617223911j:plain

やけ食いのように朝マクドを食って少し眠ります。起きて正式にDNF連絡をおこないゲームオーバー。

f:id:underbar_shusai:20190617224210j:plain

1人寂しく輪行で帰りました。俺のアホ…。

最寄駅から嫁に迎えに来てもらいましたがあきれたような顔が今でも鮮明ですよ。

 

2つめの敗因?

実はGPSデータ、オダックス近畿謹製のデータをそのまま使うとeTrexに入れられるポイント数(ポイントが多いほどルートの正確度を上げるものと思ってね)を上回ってまして、見よう見まねで自分でポイント数をカットするようなことをやって今回臨みました。ところがどこが悪かったのか編集したGPSデータが道を外しまくるなんじゃこりゃというようなシロモノ。かろうじて地図とのギャップを頭の中で補完することで正規ルートが想像できるレベルであったため大事には至りませんでしたが(上の通り少し迷ったけど)かなりストレスのかかる状態だったのは否めません。死活問題にもなりかねないのでもう少し使い方を勉強しておこうと思います、はい。

 

ああ、14回目の挑戦もダメだったよ。

 

2019BRM608川西600はDNFだよその3

続きです。

 

眠気がそろそろ

敦賀市街地を抜けて(屋台ラーメンがうまそうだった)、PC3のローソンへ滑り込みます。

 

f:id:underbar_shusai:20190616203929j:plain

到着時刻は19時30分。貯金は2時間10分。ここからはほぼノンストップでPC4まで行ける越前海岸沿いのしおかぜラインです。麦茶とガムだけ買って再スタートなんですが正直満腹のところに疲れも出てきてるので眠気が少しずつ。ガムは最終手段として秘密兵器?のiPodTouchを取り出し自分にだけ聞こえる程度にボリュームあわせてアニソン全開。まあ8割くらいがけものフレンズ関係だったわけですが。

 

f:id:underbar_shusai:20190616204256j:plain

さて入口がこんなので想像つきますが真っ暗闇のしおかぜラインに入ります。釣り宿と道の駅が出てくるので絶望的な闇ではないんですけどね。ライトも全開でまいります。

 

やたらと喉が渇く

梅雨入りしたものの、雨そのものはもう上がってしまい、潮風と孤独感も相まってなんかやたらと喉が渇きます。しおかぜライン抜けるまでに買った麦茶はもちろん、自動販売機で飲み物買うこと3回(うち1回は唯一会った先着者と少し談笑あり)。ついでにトイレも2回行ったのでノンストップ走行はならず。60キロ超ほぼ信号なし、アップダウンもさほどなしですからかなりのスピードアップが見込めたんですけど実際は…

 

さて寝るぞ

…孤独なしおかぜラインを走りきり東進開始、坂井市から福井市北部に向かう前にPC4へ入ります。

f:id:underbar_shusai:20190616205003j:plain

ファミリーマートに到着は23時58分。プチ目標であった当日中のPC4入りは叶いました。貯金も2時間50分ですから止まったわりには多く取れました。ソースカツ丼としおかぜラインでだれた分をなかったことにすれば3時間半くらいの貯金はあったんでしょうかね。まあいいのです。

再スタートして15キロほど福井市北部を走り(市街地なので音楽はオフにした)えちぜん鉄道跨線橋手前が予定していた仮眠場所、リライムです。

www.relaim.co.jp

さっそく乗り付けると、いるわいるわどう考えても参加者の自転車たち。しかも施設の入口の中(フロント前)に駐めさせてもらってますよ。施設側のご厚意に感謝ですね。私もお願いしてみましたら快くOKいただけました。同着した数人と駐めます。

受付してさっそくお風呂へ。長湯は不要ですがしっかり体洗って入念にストレッチして仮眠に備えます。大広間を仮眠場所に開放(正規の仮眠場所が満員らしいのでこれも参加者だけでないにしろ感謝)してくださってマットレスと毛布までおいてある。これで2200円ちょいですからなんてサービスの良い。たっぷり1時間半の仮眠を取ることができました。

 

起床時刻は午前3時半。料金払って自転車駐めさせてくれたお礼も言って3時40分再スタートです。実質2日目頑張るぞ。

 

続きます。

 

 

2019BRM608川西600はDNFだよその2

本題の前に少しこちらを。

 

チューブレスタイヤはかなり使えるね

ビード上げに関する数々の苦労と少しの試走を経て今回初導入したチューブレスタイヤ、かなり大きい武器となりそうです。

Prime Proホイールがそこそこ軽いというのがあるとしてもチューブがない分重量を食わない、多少の悪路でリム打ちレベルのショックがあってもケロッとした感じでそのまま走れる、突き上げ感が柔らかくて体幹への負担も少ないので結果として安定した定速巡航ができるということで、かなりおすすめ。

ただ走行中以外の外部ショックへの耐性が不明なので長時間や飛行機での輪行(特にスタート地点へ向かう時)は少し怖そうですね。まあ最悪のときチューブ入れれば単なるチューブドタイヤになりますのでそこは使いかた次第でしょうか。手組ホイールも実はチューブレスレディですからグラベルキングがへたったらチューブレス化するかも。

(2019.6.16追記)タイヤの取付方向を間違えてたまま走ってたのを先ほど発見、向き変えてはめ直し…の段でまたもやビード上がらず問題が再発しています。これさえなければ快適なのにねぇ。

 

それではレポート続きです。

 

若狭湾は広い、広すぎる

福知山市街地をさっと抜けて大江から舞鶴市へ入るまでは先日の川西300でも走行した記憶も鮮明なルート。由良川沿いの右岸側が復興途中ということで左岸走行になるのも同じですね。そして向かい風も同じ…。先日ほどきつくはないので下ハン握って少し気合い入れて24キロ巡航で走破。雨も上がりかけの蒸し暑くなりつつなるころですがなんとかクリア。橋を渡り舞鶴市街地を抜けていきます。ガキの頃は親に連れられ、運転免許取ってからは初めて買ったボロ車で友達や女の子連れて海水浴や釣りに来た思い出がありまくりの大好きな街ですね舞鶴

西舞鶴を越え、中舞鶴から東舞鶴に入る頃には少し小腹も空いてきます。PC2もすぐですので補給はそこでするとして少し寄り道。

f:id:underbar_shusai:20190615224356j:plain

f:id:underbar_shusai:20190615224406j:plain

イージス艦かな?(あまり詳しくないのです)海上自衛隊の基地を撮影してみました。かっこいいですが有事で使われることがこの先もありませんように。

f:id:underbar_shusai:20190615224618j:plain

赤れんがパークの駐車場にあります本物の錨のモニュメント。近江八幡400でもこの写真が通過チェックに使われますね。

寄り道で20分ほど時間つぶれたのでPC2に向かいます。東舞鶴市街地から少し外れたところにあるローソンです。

f:id:underbar_shusai:20190615224820j:plain

到着時刻は14時10分で貯金は1時間46分。いい感じで積み上がっていきます。海なのでミニサイズのシーフードヌードルと昆布のおにぎりで少しでも雰囲気を稼いで腹ごしらえ。狭い店なので長居は迷惑ですから10分ほどで再スタート切ります。

 

舞鶴~美浜までの約80キロほどは若狭湾をのぞみ若干内陸に入るものの海辺のルートですから気分はいいです。ただ交通量が多いのと川西400でももちろん、普段の生活でも有用で走ってる道だけにどうにも単調なイメージが。あくびしながら走ってますがそろそろ足の疲れを意識するころでもあります。信号待ちの時にはビンディング両方外してふくらはぎをマッサージしたりぶんぶん振ったりしてなるべく血流よくして疲れをためないようにします。高浜や大飯の原発銀座を過ぎ、釣り客でごった返す三方五湖を過ぎ、ちょっとした峠を越えて敦賀市に入ります。

 

ご当地グルメを楽しもう

距離にかかわらず、自分の鈍足では脇目も振らずに走らないとPCをクリアして仮眠時間を確保など夢のまた夢で、とてもブルベ中にご当地グルメなど楽しむのは無理だと思っておりました。ただ今回は別。

平坦区間がやたらと多く、そしてその区間が信号も少ないため意識していればどんどんと貯金の積み上がっていくイージーコースの部類に入る川西600です。若狭湾を急いだ効果ありでPC2から敦賀に至る時点でできた目論見の貯金は約2時間40分。これなら少しくらい時間をかけて美味しいもの食べても大丈夫だなというわけでスタート前から目星をつけてたご当地グルメの店に入ります。

その店とはここ。

 

f:id:underbar_shusai:20190615230816j:plain

ヨーロッパ軒敦賀金山店

yo-roppaken.gourmet.coocan.jp

敦賀市内のヨーロッパ軒は正式には福井の本店からののれん分けだそうですが本店をリンクしておきます)

 

コース上にあるので一歩も脱線しなくていいというありがたいお店。そして夕飯時には少し早かったので(18時前ごろ)さくっと座れてすぐに注文することができました。
注文したのはもちろん、

f:id:underbar_shusai:20190615232454j:plain

名物ソースカツ丼でした。分厚いトンカツが3枚ついてきててんこ盛りのごはん、単品なら900円、味噌汁とサラダをつけても1100円というリーズナブルさですよ。カツだけにガツガツ食って大いに元気をもらいました。食休みと煙草1本入れて再スタートします。そろそろ敦賀の街に夜のとばりが降りてくる…。

 

続きます。

 

2019BRM608川西600はDNFだよその1

魔物は自分自身にいた

仮眠場所に選んだところまで順調そのものな走りで、ご当地グルメを楽しんでもなお時間的余裕があった。にもかかわらず内なる魔物、「ブルベカード忘れ」というものにやられてしまった今回の川西600。やってしまったものはしょうがないということで今回のアホレポートまいりましょう。今回は都合により小出しで4回構成の予定です。

 

なんとか6時間の睡眠を確保できて川西ドラゴンランドへ到着したのが午前5時30分。あれだけ遅刻はイカンと思っていたのに今回もブリーフィングギリギリですよ。話を聞いてからの受付です。川西ブルベ名物のゼリー飲料とビスコをいただきます。

 

f:id:underbar_shusai:20190614221055j:plain

車検も無事にパスしてスタートします。並びが良かったのか定刻より少し早いスタートできたのは助かりましたね。

f:id:underbar_shusai:20190614221151j:plain

スタートかけた時点でこれだけの人数が車検待ちですからね。

さてさて序盤は猪名川町丹波篠山市結ぶ西峠までの延々と続く登り坂。キツイのはラスト5キロ程だけですが足を使う必要はありません。ゆっくりと登り、下りに変わった瞬間にギヤを一気に4枚上げて加速します。篠山市街地までは路面状態もいい最初のスピードアップ区間ですからね。曇天で結果的に気温も上がってないので楽チン楽チン。

 

予報より5時間は早い雨区間

丹波篠山市から丹波市(ああややこしい)に入り、丹波竜発見の地を過ぎた頃にそれまでもポツポツ来てた雨粒が次第に大きくなってきます。天気予報からすると舞鶴市に入ったくらいで降られると思ったので少し誤算。雨合羽を着ようかと考えたのですがここで降ってるなら福知山に着く頃にはやむだろうと考え(雨雲レーダーも3時間は降らない感じだったし)、そのままで走り抜けます。ジャージもタイツも靴もじわじわ重くなってきますが寒くはないし我慢できますよ。ほどなくPC1に到着です。

 

PC1のローソン、到着時刻は9時26分で貯金は1時間6分。もらったゼリー飲料やフルジェルもあるのでPC2までは固形物いらないなと考え、麦茶だけ買って再スタート。写真を撮るの忘れたと思ったけど戻るのもアホなのでそのまま走ります。旧氷上町から青垣を過ぎるともともとひどい国道429号線、さらにひどい酷道区間に入ります。入口で一休みのついでに1枚。

f:id:underbar_shusai:20190614222558j:plain

一昨年の川西200で走って以来ですね。酷道のわりに交通量が多いので福知山市に入るまでは安全運転。雨もやみそうでやまないですしね。

相変わらず夜に通ったらおしっこちびりそうな昼なお暗き道をえっちらおっちら登り切ると、

f:id:underbar_shusai:20190614223105j:plain

京都府福知山市に入ります。少し下って国道9号線に出るとスタートから続いた川西200とのほぼ重複コースは終わります。川西600は大部分が200・300・400のおいしいとこ取りをしたコースなんですよね。違うのは小浜から永平寺回って滋賀県の西浅井に至るまで(つまり嶺北地域だけが600キロ専用のコース)だけという。

雨もそろそろやみそうな感じ。ここからは風向きの心配はあるものの平坦路と信号なし区間が続きます。貯金稼ぎのために脇目もなるべくふらずに走ります。

 

続きます。

 

 

2019BRM608川西600から帰ってきたよ

一番やってはならないDNF理由

 

でしょうねぇ。仮眠場所へのブルベカード忘れ。

詳しいことは後日ですがまあそんなわけで14回目の正直もならずです。調子は決して悪くはなかったのになぁ。

まだ走ってる人、今日の北摂地区(ゴールもそうですし、私んちもそう)はアホほど暑いです。最後まで気をつけて。

 

レポートは落ち着き次第あげますので。