ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM1013日本橋600はDNFだよその2

続きです。

 

名古屋の道はケッタにはでらやさしくにゃー

適当です。名古屋の人ゴメン。

(一応言っておくと「名古屋の道は自転車にはとてもやさしくない」のつもり)

 

それはさておき名古屋市内。道路幅が広いのはいいんですがその分クルマもトラックもバスもばんばんスピード上げてるし進路変更もウインカー無しで平気でやってくる。信号待ちしてても幅寄せがひどいからいい加減ストレスたまる。

そんな中で唯一癒やされたのはある場所での信号待ち中に居合わせた小さな男の子とお母さんの2人組。「あー自転車の人ー」と指さして(苦笑)言ってくる男の子をたしなめるお母さん。そんなんで気分を害するほどアホでもないのでにこやかに「おっちゃんは今から東京まで行ってくるでー」と答えると手を振ってくれました。多分東京がどこかはわかってないだろうけど。お母さんは少し驚いてましたが。

意外にややこしくて信号の長いルートをたどり、熱田近辺で一度コースミスして1キロほど戻って笠寺から中京競馬場横を抜けると名古屋脱出。しばらくは国道1号線の広くて走りやすい直進ルート。若干のスピードアップで知立→岡崎と過ぎ、夜更けとともにおなかがすいてきます。コンビニめしは飽きたしなんか温かいものが食べたいというわけで、

 

f:id:underbar_shusai:20181021212204j:plain

豊川の吉野家で遅い夕食です。定期券(吉野家・はなまる・ガスト共通で割引になったり天ぷらがただになったりのやつ)持っててよかった。

腹も落ち着いたので再スタート。豊橋すぎれば静岡県は目の前です。

昼間に通れるなら豊橋ののんほいパークでリアルサーバルちゃん(ステルちゃんという女の子)が見たかったんですけどね。

 

 

f:id:underbar_shusai:20181021213849j:plain

代わりにキャノンボーラーの聖地?岩屋キャノンボウルの写真をどうぞ。

 

想定外の天気

静岡県に入りました。まずは新居関近くのPC3に飛び込みます。

f:id:underbar_shusai:20181021214103j:plain

到着時刻は23時26分。貯金は2時間12分と上出来なタイム。牛丼がまだ腹に残ってるのでゼリー飲料だけ買ってそそくさとスタート…なんですがその前に参加者数人と談笑。ちょっと寒いね、そろそろ眠くなってきた、仮眠場所のホテルに連絡しておこうなどと話していましたが私は御前崎の道の駅まで突っ切ってそこで仮眠取りますわ。と言い残し今度こそ再スタート…なところに顔に冷たいものが。

はい、雨です。正確には豊橋手前くらいでぽつぽつとあたってきましたがここへ来て完全に小雨模様。おいおいおい、金曜に見た天気予報では全ルート曇りから晴れの間くらいやぞと思いつつ、寒さ対策用に持ってきたウインドブレーカを重ね着します。はい、天気予報を信じてかさばる雨合羽は持ってこなかったんですよ今回。

それが裏目に出たのか雨は瞬く間に本降りに変わってくる。まあ局所的なものだろう、走ってればじきにやむさと思い走らせます。

f:id:underbar_shusai:20181021214929j:plain

新居関所跡。まだ小雨程度なのがわかると思います。

 

弁天島を越え、これまでの参加ブルベでおなじみの中田島砂丘沿いのスピードアップゾーンにさしかかると本降りは更にひどいことに。ウインドブレーカから雨水が染みこんできて冷たいし不快なこときわまりない。そして寒い。

この時間ではホームセンターやワークマンのたぐいは開いてないし、そもそもルート上に都合よく出てくるはずもない(皮肉にも、雨が止んだ富士市くらいから連続で出てきましたが)。ならば仕方ないというわけで砂丘東端にある唯一のファミマにピットイン。軒下で雨をやり過ごそうと思いましたが30分待ってもやむ気配なし、致し方なく使い捨ての合羽とタオルを買い、体と服を拭いて合羽着こんで再スタートです。

そろそろ眠気も来るし度付きアイウェア越しの視界も悪い。遠州大橋前後から降った雨が水たまりをこさえて道路にたまり、追い抜いていくトラックが盛大に飛ばしてくれるしこちらもそれに飛び込んで急ブレーキ状態になる。これは危ない。安全第一と足休めだと思ってスピードダウンで参ります。仮眠場所まで残り50キロほどを超低速で走り、浜名湖600でリタイヤの第一原因作った東屋を意地で通り過ぎ、あまりに冷えておしっこがしたくなり途中の草陰で用を足したり、その冷えから体の防衛本能が働いたのか急に眠気が来たのにもなんとか堪え、ほうほうの体で仮眠場所の道の駅御前崎風のマルシェへ飛び込みます。おそらく3時すぎくらいでしょうか。

 

しばらくは通過チェックなのがありがたい

風のマルシェには先客がいました。寝息を立ててるまわりにずぶ濡れのジャージや靴下があるので同じように疲れ切っての到着なんでしょう。少し離れた場所に同じように濡れた服を並べ、私も1時間後にタイマー合わせ、仮眠取ります。

目覚めると先客は出発準備中。リタイヤも考えてる様子でしたがここでリタイヤしても結局駅まで結構な距離を走ることになるから行くだけ行きましょうよ。まだ大丈夫ですよと声をかけ、私も出発準備。ここでジャージをけものフレンズからロングライダースのに交換です。凱旋ゴール用だったのに単なる濡れたときの着替えになったですよ。サドルバッグに濡れた服を丸めて放り込んでスタートです。

変わらず降り続く中を走り通過チェックであるセブンイレブンへ。

f:id:underbar_shusai:20181021220936j:plain

通過時刻は5時17分。参考貯金はわずか41分。仮眠で1時間貯金くらいまでは減るかなと思ったのですがやはり雨の影響ですね。

私のように仮眠だけ取ってきた人もいたり、御前崎のホテルで充分な休養を取ってきた人もいたりで朝から少し人が多い。その中にいた全身これバネと言わんばかりのすごい締まった体のお兄さんが一人。メリダロードバイク乗ってる、聞こえてくる会話からするともしかしてあの人? 話しかけてみます。

 

「あの、オフロスキwさんですか?」

 

ikinaristeak.com

 

はい、いきなり!ステーキの肉マイレージでダントツ1位のオフロスキwさんです。ブルベもたしなまれる自転車愛好家の一人でありましたし、今回の参加は知ってたのですがまさかここでお目にかかれるとは。

ここまでのルート上にいきなり!が何店かあったので立ち寄ったのか尋ねてみたのですがさすがに時間的にきつくて無理だったとのこと。オフロスキwさんほどの実力者でも時間を調整することができないことにこのブルベが時間食いだというのがわかります。

こちらも再スタートなんですが、御前崎は道の駅の名のとおり風の街。雨とともに海から吹き込んでくる風も相当で海外沿いの道が台風中継のようでえらいことに。横にあおられるわ全身びしょ濡れだわ視界は一時ゼロ状態になるしで地獄のよう。それでも前に進むんです。まだ明確にタイムオーバーになってないし三島まで時間制限はなし。ペダル回してたら前には進むんだしこの先晴れるかもしれないと思い回します。

浜名湖600での自爆ポイントを通り過ぎ(よく覚えてるもんだ)、回しに回して焼津に入り、雨は小康状態になってきます。体を拭きたいので少し休憩と朝飯にします。

f:id:underbar_shusai:20181021223107j:plain

ゆで太郎かき揚げそばをいただきます。クーポンもらってもあまり意味がない。

 

雨合羽はまだ脱がずに次なる通過チェックへ向かいます。

 

 

続きます。

 

2018BRM1013日本橋600はDNFだよその1

近くても前泊のすすめ

時間の使い方が下手な人ほどこのほうがよいです、断言。

 

で、その時間の使い方が下手な私、スタート地点の靱(うつぼ)公園近くのホテルに部屋を取り、到着後に最低限の出発準備後、ゴール後宿泊のホテルに私服と荷物入れるバッグをゆうパックで送って早めの就寝です。寝入りはすんなりと朝5時まで目覚めることなくぐっすりでした。

 

翌朝チェックアウトしてホテル前で輪行解除してると同じホテルに泊まってた同志が数人。おはようございますと明るく挨拶して目配せでエールを送りあいます。コンビニで朝飯食ってスタート地点へ。

f:id:underbar_shusai:20181020193950j:plain

デジタルキューシートを珍しがられて車検もクリア。そういえば参加受付してくれたのはグルペット(京橋にあるスポーツバー、関西の濃いサイクリストにはおなじみの店)のご主人でしたね。

 

都市型ブルベ

今回の東海道リターンズ、名前の通り東海道をさかのぼっていくブルベですがこれはつまり、大阪・京都・名古屋・横浜・東京と大都市圏のど真ん中を走って行くということ。最大のネックである信号の多さを初っぱなから味合わせてくれます。いくら信号間を急いでもいずれは赤信号で止まるし、ストップアンドゴーの回数が増えるほど少しずつ足にも負担がかかってくる。わかっていたので信号間の平均速度はあまり上げず、信号ストップも遠くの時点で見越してなるべく止まらないようなペースで進んでまいります。京都抜けるまでは勝手知ったる道でもありましたのでそのへんのさじ加減はなんとかなりました。おかげで最後尾に近いスピードでしたけどね。

洞ヶ峠を過ぎて京都府に入り、名神高速京都南インターとの立体交差までは唯一飛ばせる下り区間。有効に足を使い東寺まで一直線、京都駅横から鴨川沿いの川端通りに入り増えてきた観光客を横目に最初のPCである三条大橋に滑り込みます。

 

弥次さん喜多さんはゲイカップル

友達というよりは弥次さんのなじみの男娼が喜多さんという設定ですね。親子くらいの年が離れている設定です十返舎一九東海道中膝栗毛では。

それはさておきPC0(当初通過チェックだったのがPCに変わった。AR日本橋の温情措置)である三条大橋弥次喜多像。ここで写真を撮った時刻が通過時刻となります。

f:id:underbar_shusai:20181020200008j:plain

写真ファイルの到着時刻を見ると10時14分。貯金は貯金は49分とやはりペースは上がってない。

AR日本橋のスタッフさんが待ち構えてて金平糖をご馳走になりました。おそらくたもとにある船はしやさんの金平糖ですね。

www.funahashiya.com

生まれも育ちも京都市のど真ん中(一応)ですし、河原町木屋町祇園界隈は独身時代の遊び場。おいしいお店や簡単な観光ガイドならできるですよ今でも。

横のローソンで水を補給して再スタートです。蹴上を過ぎて逢坂山の登坂を過ぎるとそこは滋賀県(行政上はもっと手前からだけど雰囲気を読んでね)。午前中になんとか入ることができましたよ。

 

鈴鹿越えなんですが

滋賀県内も草津くらいまでは交通量の多い都市型道路。まだまだ我慢の走りで信号にひっかからないよう足を使わず淡々と走ります。これが急に交通量減るのが栗東市から湖南市にかかるくらいから。つまり交通の難所である鈴鹿峠を通る自動車やトラックは新名神に回り込むということ。少しずつ高度の上がっていく道であるものの閉塞感はなくなったのでストレスはありません。途中でチェリオ飲んで休憩したけどそれ以外はあっさりと。鈴鹿峠滋賀県側からはさほど脅威でもないのはわかってるので足つきなくすんなりとクリア。斜度のきつい三重県側の下りを気をつけて走れば宿場町である関に入ります。

f:id:underbar_shusai:20181020203033j:plain

関宿の中は徐行で過ぎます。観光客も多いですからね。本当はこの道でなく国道1号線をそのまま走ってうなぎの初音に行きたかった。うまいんですよ。

www.unagi-hatsune.co.jp

 

それはさておきここがPC1。ミニストップに入ります。

f:id:underbar_shusai:20181020203520j:plain

到着時刻は14時15分で貯金は1時間31分。少しですが余裕できました。油断はできませんのでサンドイッチとオレンジジュースを流し込んで出発します。

 

また都市型ブルベ

走り出しはそうもなかったですが鈴鹿市から四日市市にかけては道幅狭く、大型車輌もバンバン通り出すなかなかに神経すり減らす道でした。交通の流れが気流を作ってくれるのでこれに乗じて平均速度は高めかもですが無理せずトラックなどはやり過ごしてから進みます。なんかいつのまにやらPC2についた感じ(関所越えという事情がある三島~箱根間17キロを除けば一番短いPC間41キロ)で桑名のセブンイレブンに滑り込みます。

f:id:underbar_shusai:20181020204939j:plain

到着時刻は16時40分で貯金は1時間54分。日没前で約2時間の貯金ができました。予定どおりかはわかりませんが少し心の余裕ができたような。ポカリとパンで補給。

ただ、ここからは名古屋圏。木曽三川の狭い橋を渡ると今まで以上に都市部走行、そして名古屋走りと言われるドライバーのマナーの悪さとの戦いが始まります。

f:id:underbar_shusai:20181020205834j:plain

 

続きます。

 

2018BRM1013日本橋600から帰ってきたよ

今回も負けてしまいました

いろいろ言い訳もしたいですが想定外の事象が多すぎた今回の東海道リターンズでした。結局は自分の実力不足。

レポートは体調回復次第執筆していきますので今しばらくお待ちください。

 

 

2018BRM1013日本橋600に行ってくるよ

持ち物の準備はできてるんだけど

金曜日は午前中で仕事切り上げてスタート近くのホテルへ早入り、早く寝てスタートに備えるつもりだったのですが仕事の整理が立て込んでましてちょいヤバイことに。

それでもまあ15時か遅くとも定時には上がるつもりですけどね。前夜祭(あるのですよ)の申し込みしてなくてよかった…。

 

とにもかくにも、今年最後の600キロブルベ、楽しんでまいります。なあに、鈴鹿と箱根さえクリアしたらあとは平地ですよ。なんとでもなります、絶対、多分。

 

それでは吉報を持ち帰ってきますよ。

ブルベ中の連絡はTwitterで声かけるか知ってる人は直電話かLINEなどでどうぞ。

 

2018BRM1013日本橋600の服装だよ

今回は2段構え

今年最後の600キロブルベ、そして2018年SR取得最後のチャンスである東海道リターンズ、前々回の記事で予告したとおりですが勝負ジャージはこれ。

f:id:underbar_shusai:20180930224121j:plain

f:id:underbar_shusai:20180930224548j:plain

けものフレンズサイクルジャージ。

初日~2日目の途中まではこれで走り、完走がほぼ確実になれば(おそらく箱根越えたくらい?)こちらに着替えるかも。

f:id:underbar_shusai:20170605235704j:plain

f:id:underbar_shusai:20170605235838j:plain

ロングライダースジャージ。

いろいろ思い入れも深いしゴール受付はこれで臨んで悦に入るという野望もあったり。

けものフレンズジャージが汗や予期せぬダメージなどで着続けるのが無理になったら早いうちに着替えますし、2日目疲れ切ってたらロングライダースジャージには着替えることはないかもしれませんが基本この構成でいきましょう。

 

まだ防寒装備とするには早そうなので白い長袖の速乾インナー(おたふく手袋製)着て、下はパールイズミの夏用タイツ、靴は箱根対策のスニーカー風SPDシューズ、グローブは前回より導入してるブルベ専用グローブ「スティンガー4」、ヘルメットはおなじみ色あせた灰色と黄色なrh+のですかね。夜間は薄手のウインドブレーカでも着ていれば10月の走行には支障ないかと。

 

出走した600キロでの雨ブルベ確率は異常

雨男ではないんですけどね私自身は。

これ書いてる現在、主要地点における通過予想時刻の天気はおおむね曇りから晴れの間、降水確率は40パーセント以下。今度こそ雨にやられない600キロで始まり終わるよう、ブルベの神様頼みますよ、はい。

 

2018BRM1013日本橋600のブルベカードが届いたよ

AR日本橋は前送り

 

すべてのブルベがそうなのか、東海道シリーズだけがそうなのかよく知りませんが、当日配布でなく前もって郵送で送られてきました。

f:id:underbar_shusai:20181006004416j:plain

大阪市民とビジネスマンの憩いの場、靱公園もローマ字表記するとなんか笑えます。

 

裏はこんなの。

f:id:underbar_shusai:20181006004536j:plain

各PCと通過チェック場所にちなんだ道の駅などのスタンプが。昨年もそうでしたが趣深い。東海道をひた走るのがよくわかります。ちゃんと関所も2カ所あるんですよね。

 

あと一週間。

全国あちこちで開催されてる1000キロブルベを横目に連休期間はひたすら準備ですよ。

 

「いばきた」フォトサイクリング2018にエントリーしたよ

例によって見切り発車

 

www.ibakita.jp

 

今年もやってきました自宅から一番近いサイクルイベント。有料イベントとなってしまいましたがそれでも参加費2000円でおみやげつきは破格ですよ。

 

6月の地震と8月9月の台風からの地元復興も兼ねた今回、仕事の関係でドタキャンの可能性もありますがなんとか調整しましょう、はい。