読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

ブルベに輪行袋は必需品ですよ

(都合により一部リンクを修正しました)

トラブルの程度は前もってわからない

大規模なロングライドイベントとは違い、すべてが自己責任のもとに参加するブルベですからトラブルに備えておく覚悟が必要です。

パンク修理程度なら道具さえあればその場でできますが(ロードバイクのパンク修理は基本的にチューブごと交換ですけどね)、その場で修理できない故障や予期せぬ怪我などで自走できないトラブルに陥ったとき、涙を飲んでDNF(Did Not Finish 途中棄権)となるわけですが、当然そこからの引き上げを自分自身でおこなう必要があるわけで、公共交通で引き上げるためにも輪行袋が必要となるわけです。

 

定番を取るか携帯性を追求するか

いろんなメーカーからいろんなタイプの輪行袋が出ていますし、その中でもピンキリで良い悪いがあります。決して安くはない買い物ですからハズしたものは買いたくないでしょう。自分的にお薦めなのは、オーストリッチ のブランドで名高いアズマ産業製の

ロード320 

  私の愛用品。なんといってもユーザー数が圧倒的に多い!ちょっと検索かければこれ使った輪行の仕方がわんさかと出てきます。

袋買えばエンド金具もついてくるし取説もわかりやすい、多少ラフに扱っても大丈夫なくらい頑丈な袋です。最初の1枚には最適化と思います。難点はたたんでもあまり小さくまとまらないこと。ロードバイクにくくりつけるのは少し無理があるのでリュックサックに入れるとかの工夫が必要です。

 

あくまでブルベのトラブル対応用、ボトルケージに刺せるくらいのコンパクトなのがいいという人はこれ。

SL-100 

OSTRICH【オーストリッチ】 SL-100 輪行袋

OSTRICH【オーストリッチ】 SL-100 輪行袋

 

 私は現物持ってないのですがあちこちの感想を見てみると耐久性に難があるもののコンパクトにまとまってボトルケージにも刺せるのでブルベや頻繁な輪行サイクリングには重宝しているとの意見があります。

ただ、値段が高い!

ちょっと自分には敷居の高い高級品の印象です。価格は二の次、とにかく小さくまとまる袋が入り用でしたらお薦めできると思います。

 

使える袋、使えない袋

電車での輪行と考えると、JRの定めるルールが他の鉄道会社でも基準になると思います。このあたり参照して、規格にあう袋を選んでください。

迷ったら、紹介したどちらかでいいと思いますよ。