ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

BRM130 泉佐野200kmを走ってきたよその3

GPSの電池切れ・そして日没

愛用のGPS、etrex20xは単3乾電池2本で動き、公称25時間の連続稼働というすこぶる燃費のいいシロモノなんですが、それでも電池切れの時はやってきます。そしてそのときは今回の走行中に起きました。

購入以来最初の電池で動かしていてテストしまくっていたのですが、残量表示は減っていなかったため、ブルベ中はやり過ごせるだろうと思いそのままにしてスタートしたのが悪かったようです。実際はかなり減っていたようで突然の電源強制オフ。あわててコンビニ飛び込み、電池買ってきて交換します。

過去記事の写真のとおり、GPSを専用のマウントにつけているのですが電池交換のためにはマウントを外さないといけません。が、このマウントはあちこちのブログでも書かれているのですが個体によって立て付けに差があり、ハズレを引くと一度取り付けた状態から本体が外れない(滑り止め手袋をして思いきりこじらないと動かないレベル)という。加えてマウントの自転車への固定方法が結束バンドによる締め付けのみというもので一度電池交換するために無駄な時間と体力、下手するとGPS自体を落としてしまうというリスクを背負うことになります。このあたりの使い勝手を上げることが次回のブルベ以降への宿題かと思います。

予備の結束バンドがないため電池交換後はフロントバッグに入れておき道に迷った都度止まって見直すという方法でしのぎました。

そして和歌山県岩出市にさしかかったところで完全に日没。フロントライトとリヤライトを全開にします。が、まったく考えていなかったピンチが。キューシート周りに明かりがないためまったく読めません。こちらもしょうがないのでiPhoneをジャケットに忍ばせおき、見る際にライトつけて都度都度照らすようにしました。iPhone自体落としてしまうというリスクもあるのでここも宿題項目ですね。

 

最後の難関、そしてゴール

復路の通過チェックポイントであるローソン和歌山大垣内店(往路と同じだ)に到着。18時25分です。レッドブルだけ買ってそそくさと出発…の前にプチ事件。

まだ始めたばかりのこのブログをありがたくも読んでくださっていた人がいて、声をかけていただきました。自分のことでいっぱいいっぱいだったのでろくに受け答えもできず申し訳ないです。

和歌山市郊外の道を抜けるといよいよ最後の難関、雄の山峠を登っていきます。200キロ近く走ってきて最後にきつい。和歌山側から登るとかなりの激坂、加えてあたりは真っ暗で横を時折乗用車が高速で通っていく恐怖。それでもインナーローのギアでゆっくり上がっていきます。ロー側を27Tまで歯数稼いでますから踏み込めなくなるということはありません。朝にやらかしたパンクを避けるため路面の状態はしっかり見ながらです。ほどなくクリア、つかの間の下り坂を終えたら泉南市の市街地に戻ってきます。

ここまで来たらもう迷う要素はない。前方に参加者の自転車を見つけたので少しホッ。そうこうしてるうちにりんくう公園まで帰ってきました。ついに初ブルベを走りきりました。

 

ゴール到着時間は20時2分。所要時間は13時間2分(当初13時間3分と書きましたが訂正します)というていたらくでした。パンクと膝の痛みとGPS電池切れがなければ1時間は早かったかなと。

ブルベカードにサインをして提出、メダル代を支払いメダルを受け取りこれで完全に手続き終了です。

f:id:underbar_shusai:20160205233148j:plain

 

オダックス近畿のスタッフさんによるカップラーメンのふるまいがありました。腹ペコと寒さのなかでこれはありがたい。味噌味いただきました。

 

f:id:underbar_shusai:20160205233254j:plain

さて、撤収。

駐車場まで戻り、自転車を積み込み汗を流しにりんくうの湯へ。

岩塩温泉りんくうの湯|大阪府泉佐野市のシークル内のスーパー銭湯

実は家でとってる新聞のチラシに割引券が入っていたので少しですがお代が助かりました。温泉で体をほぐし気持ちいい。ほぐれると一気に眠気が来たのでので少し仮眠を取ろうと思ったのですがリラクゼーションルームは別料金…。

しかたないので阪神高速乗ったあとにPAで休みます。3時間ほど眠ったので少し回復しました。一路帰宅の途へ。ついたら明け方4時でした。そこからまた深い眠りにつきまして結局目覚めたのは日曜日の14時頃。その日は轟天2号の掃除だけして終わりました。

 

 

完走はしたけれど…

200キロというブルベの中では一番短い距離ですから救われたものの、まだまだ勉強や対策が必要と自分では思います。

トラブルを未然に防ぐ、起こしてもすぐにリカバリーをできるような状態に自己スキルを持っていかないと200キロ超のブルベはやっていけないですからね。

いろいろ宿題もあるし、1つ1つつぶしていくことにします、はい。