読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

TANTANロングライド2016にエントリーしたよ

サイクルイベント準備

思い入れの深いロングライドイベント

海の京都 TANTANロングライド2016 | JTB スポーツステーション

 

自転車趣味を20ウン年ぶりに再開し、体もできてないままにいきなり180キロのコースに無謀にも挑戦し制限時間ぎりぎりで完走、その余りの充実感からロングライド沼にハマる要因となったイベントが今年もやってきます。今年は基本的にブルベに注力のつもりなんですがこれともう1つ(ヒミツ)だけは出ようと思いエントリーいたしました。

 

エントリーコースは

過去4回はすべてAコース(長い方の鬼コース。ガチのグランフォンドな190キロ)だったのですが今年は…

 

Bコース(丹後半島だけをぐるりと一周回るコース 100キロ)

 

にエントリー。

決して日和ったわけでもAコースに自信がなくなったわけではなく、ミニベロの轟天3号で参戦する予定だから。さすがに190キロは無謀すぎるので100キロで頑張ってみようかと。あと、天橋立から与謝野に抜ける100キロしか走らない道にも興味あったもので。

 

ミニベロでロングライドは剛脚の証し?

ロード用コンポ(SORAですが)搭載の3号とはいえ、一般のロードバイクと比べて長距離走行に向いてないのは否めません。ところが、これまで各イベントで見てきたミニベロでの参加者ってみんな異様に速いんですよね。ロードバイクでの走行に自信があるからあえてミニベロで参加、それでも剛脚ぶりを発揮して…という感じなんでしょうけど、こちとらはシャレに近い理由でミニベロでのチャレンジです。とても勝負になりません。

機材変更はするつもりと予算がないのでライディングポジションの調整である程度走る態勢にはしたいとこなんですけどどうなることやら。

 

ぼやかないでロードで走り込んで体作れ?ごもっとも。