読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

BRM409 松山300kmを走ってきたよその2

続きです。

 

どうしても見たかった駅 その1

 

眠気にも負けず四万十川沿いをすいすい。途中の道の駅でコーラ飲んで気合いを入れ直しひたすら走らせます。

自分は決して鉄道マニアではないのですがこのブルベで前を通ることがわかりなんとしてでも写真に納めたかった駅があります。

 

まず1つめ。

f:id:underbar_shusai:20160415230948j:plain

f:id:underbar_shusai:20160415230958j:plain

予土線 半家(はげ)駅。

 

名駅難読駅として有名な駅です。決して私がハゲだから来たかったわけではなく(そもそもハゲではなくスキンヘッドだ)。

ウィキペディアによると地名としての半家の由来は平家の落ち人が源氏の追跡を逃れるために平の字をずらして半にしたからだとか。

半家駅の全容はこんな感じ。

f:id:underbar_shusai:20160415232106j:plain

苔むした岩肌がのどかな感じを醸し出す田舎の無人駅ですが、

f:id:underbar_shusai:20160415232201j:plain

結構な高台にあります。登るのがつらかった…

 

 

最後の難関

愛媛県に戻るとほどなくPC3のサークルK松野虹の森店。到着は8時54分。貯金は1時間58分です。このペースで行くとゴールで2時間残し(15時着)も見えてきました。

f:id:underbar_shusai:20160415233853j:plain

カップめんとチーズバーガーで朝食。普段なら塩分&カロリー過多ですがすぐエネルギーと汗で出ていきます。この頃から気温とともに湿度も上がり、水分の消費が早くなりました。ゴールまで何度自販機で水を買ったか。

ここからしばらく街中を走り、自分で最後の難関と位置づけた歯長峠と鳥坂トンネルの山越え2連発です。歯長峠はペースの合った同行者と話をしながらなんとか足つきなくクリア。ぼっち参加ですのでこういうときにお互いの存在を意識できるのはありがたくて力が入ります。が、平地でちぎられ、鳥坂トンネルはまたぼっち通過。交通量が多いので少し怖かったですね。歩いて山越えしてたお遍路さんに手を振り、急勾配を下りきったら坂道はほぼ終わり。肱川沿いの道で海に向かいます。

 

続きます。