ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

BRM409 松山300kmを走ってきたよその3

続きです。

 

高速コースだから貯金も重ねられる

肱川を河口まで走らせ、ちょうどおなかがすいてきた頃にPC4のローソン長浜仁久店に到着。13時11分で貯金は2時間5分。自分にとっては驚異的ペースですが、この時点でビリに近いのはなんとなくわかってました。峠越えをご一緒した参加者某氏が先着してましたのでめし食いながら談笑。

f:id:underbar_shusai:20160416222210j:plain

チャーハンと焼きそばが入ったお弁当をがっつり食べ、糖分補給にあまおう苺のサンドイッチ。生クリームたっぷりでショートケーキみたいです。これでラストスパートへのエネルギーチャージも完了です。出発寸前に女性ブルベライダーさんが入ってきました。

長浜港から青島(猫の島で最近有名ですね)に行きたかったのを振り切るように出発です。

 

どうしても見たかった駅 その2

国道378号線、通称夕焼けこやけラインといわれるこの道、走ってて実に気分がいいのですがやはり夕方に来たかった。さすがにタイムアウトになりますけどね。

そして半家駅以上に来たかった駅に向かいます。

 

f:id:underbar_shusai:20160416223530j:plain

予讃線 下灘(しもなだ)駅。

なぜ来たかったというとホームから望む伊予灘がまあ絶景。青春18きっぷのポスターになったり映画のロケにも使われたり、ゆるふわ系自転車漫画のカットにも使われたりのある意味聖地です。

つたない写真ですがこんなところ。

f:id:underbar_shusai:20160416223921j:plain

今は埋め立てたところに国道378号線が通ってますが、その昔はすぐ横まで海だったそうです。海の方向が西だから日が沈むと夕焼けがばっちり映えるんでしょうね。ググればもっといい写真がたくさん出てきますので興味ある人はそちらをどうぞ。

 

ここまで走ってきたご褒美でもあるかのようにタイミングよくやってきたのは…

f:id:underbar_shusai:20160416224439j:plain

観光列車「伊予灘ものがたり」でした。

途中下車してきて記念撮影をする乗客の邪魔になりつつあったので(あくまで駅の主役は列車に乗る人たちですからね)自転車に戻ります。次はいい写真撮りに夕方に来るよ。

 

ここでパンクかよ

伊予市の市街地に入ってくると見えてくるのは珍しいこんな光景。

 

f:id:underbar_shusai:20160416225307j:plain

ヤマキとマルトモ。削り節の全国シェア1位と2位のメーカーですが、本社が隣同士という珍しさ。互いに切磋琢磨しての今の地位なんでしょうね。持つべきはよきライバルということで。

さあこれで今回撮りたかった写真は全部収めたしラスト10キロほどがんばんべぇと思って再スタートを切った瞬間後輪から伝わるぶにょぶにょ感。はい、ここでパンクですよ。しかも結構なでかさの鉄片を踏み抜いての貫通パンクです。これでは多少の石などは跳ね返すブルベ仕様のタイヤも太刀打ちできない。

やってしまったものはしかたないというわけで後輪外してチューブ交換開始。慣れたもので10分ほどで交換完了。さてCO2ボンベで一気に充填…の時に気づくべきだった。フレンチバルブの口を緩めておけよと。

この状態でボンベ使って一気にエア入れるとどうなるか。運がよければそのまま満タン入るのですが大部分は口の部分からボンという音ともに破断してチューブがお亡くなりになります。1本無駄にしてしまいました。

この間に先の女性参加者にも追い抜かれちょっと放心。落ち着こうと思って10分ほど休みましたあとに再交換。今度はうまくいったので後片付けして再スタート。たたむのがめんどくさかったのでチューブ2本たすき掛けで走ります(自宅で捨てました)。

 

そしてゴール

灘駅とパンク、この2つのおかげで貯金をかなり使ってしまい、加えて市街地に入っているためペースアップができません。それでも女性参加者は伊予鉄の駅前で追い抜きかえし、空きっ腹抱えて走ります。空港が見えてきたときには少し感慨深いものがありました。

ゴール時刻は15時59分。1時間1分残しでの上がりでした。あとでリザルト見るとやはり結果はブービー賞でした。

 

f:id:underbar_shusai:20160416231459j:plain

認定の印であるメダルを購入。併せてオダックス近畿オリジナルのピンバッジも購入…なんですが400キロのやつですよこれ。まあ記念品みたいなものだし話の種にもなるのでこれでもいいか。

 

さて、これで全て終わり。苦楽をともにした(撤収せずに残ってた)参加者各位とも挨拶交わし、珍しそうに見てる送迎バスの運ちゃんと少し話しながら(伊予弁がわかりにくい)輪行準備に入ります。もう少しゴールが早ければスーパー銭湯行って汗を流したかったんですけどね。飛行機の時間を考えると少し微妙だったものであきらめます。

 

そそくさと自転車預け、夕食にうどん食べて嫁への土産に松山銘菓一六タルトとみかんマーマレードを買い搭乗口にてようやくの仮眠。飛行機も乗り込んで動き出した瞬間に寝落ちしてしまい次に目が覚めたら伊丹空港に到着してました。

 

空港まで嫁&犬が迎えに来てくれたので乗り込み(行きは自走だったけどさすがに帰りはしんどい)、うどんではおさまらない腹の虫を退治すべくマクドナルドでギガビッグマックを注文。グランドビッグマックでは面白くないので頼んだギガはでかさに満足。価格は不満(単品740円)。

フィレオフィッシュとチキンナゲットもかっくらい、腹の虫退治完了です。これにて松山遠征全て終了です。

 

 

夜間スタートで走るのは初めての経験。昼夜逆になるパターンでの走行マネージメントはなかなか気力も体力も使いますね。こういう風にいろんな経験をしてこそ養われるもこそがSR取得への地道なんでしょうね。次も頑張ろう。