ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

BRM429泉佐野400kmを走ってきたよその4

続きです。

 

新しい朝が来た

おはようございますというわけで、PC6(最終PC)であるローソン広川インター前店に到着、時刻は5時56分で貯金1時間8分。

 

f:id:underbar_shusai:20160504220222j:plain

イートインスペースに座り、カップめんも飽きたのでいくらのおにぎりと豆腐の味噌汁で朝食。ただこの先は有田市海南市和歌山市と街中に帰って行くのですからここではコーヒー程度でロードサイドの定食屋でも入ったほうがよかったかもですね。

後着してきた参加者と入れ違いに出発。

 

ミスコースの連発

箕島駅の近くで朝練習に出てきたとおぼしき若いロード乗りさんに「ブルベですか。頑張ってくださいね」とエールを受け、長きにわたって走ってきた国道42号線ともそろそろお別れ(田辺で一旦離れますが、200キロ以上42号線を走ったことになります)。海南市に入り出発時のルートに戻るべく伊太祁曽神社方面へ向かいます。

疲れで注意力が鈍っているのか信号の押しボタンに気づかず5分ほど立ち往生したり、道なりルートだと思ってまっすぐ行くと実は手前で斜め右折だったりで1キロほど戻ったり、阪和自動車道の高架をくぐってすぐ曲がるのに気づかずそのまま直進して引き返すとかでなかなか多難。加えて交通量も増えてきて気を抜けない状況になってきました。

それでもなんとか和歌山市に突入し、和歌山電鐵の線路を渡り、県道9号線の矢田峠を過ぎ、細い路地を通って和歌山線布施屋駅前の踏切を渡ると「ああ帰ってきた。もう少しやん」という気持ちになって最後の力が出てきます。この時点で8時45分。勝利は目前です。

 

そして長かった旅も終わり

最後の壁、雄の山峠の連続ヘアピンは今回も押し、登り切ったあとはゴールまで一気下りです。対向車にだけ気をつけて9時台のゴール目指し少しだけスピード上げます。 

山中渓駅を過ぎ、阪和自動車道インターチェンジを越えてそしてついにゴール!今回のゴール地点はコンビニ、セブンイレブン阪南自然田店です。ようは和泉鳥取駅前。

 f:id:underbar_shusai:20160504224507j:plain

 

到着時刻は9時43分、所要時間は25時間43分、リミットまで1時間17分残しでした。

(写真はローソンのレシートになってますが、その下にセブンイレブンのレシートがあります)

駐車場の端っこで勝利のホットコーヒーをすすりながら靴脱いでしばし大根干し。先着してた人たちもお疲れの様子ですが皆満足げな顔です。自分も満足です、

 

が、

 

まだ一仕事あります。ブルベカードの提出。8キロ先の提出場所(スタート地点近く)まで戻ります。もうゆっくりでいいんです。40分近くかけて到着。そして無事認定。

f:id:underbar_shusai:20160504224745j:plain

認定のメダルとご褒美のカップめん。少し休んでさようなら。日根野駅へ向かいました。輪行袋が邪魔にならないように新大阪まで特急で帰ります。

帰宅して風呂入ってマッサージして自転車片付けたり色々やって、眠りについたのは日が暮れてから。その後12時間近く寝てました。

 

SR(Super Randonneur)にリーチ

200・300・400キロブルベをクリア。残す関門は600キロ。目標が現実味を増してきました。

と言いつつ開催回数も少なく、この先の自分のプライベート予定も不透明なのでどこにエントリーするべきか迷っています。保険の意味でも1回こっきりではなくて2カ所くらいはエントリーしておきたいところです。となるとオダックス近畿以外の団体主催のブルベも考えないとですね。

 

まあそれは次の話。

 

今はこの400クリアに向かってご助言や応援をいただいたみなさん、そして旦那の趣味に快く送り出してくれる嫁に感謝し、レポートを終わらせます、はい。