読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

キューシートまわりと視認性の対策したよ

トップチューブ取付作戦は失敗です

ハガキ用紙に印刷したキューシートをビニールファイルに入れ、クリップボードで固定してトップチューブにベルクロで貼り付ける…といういたってシンプルなこれまでのキューシート固定方法ですが、これまでのブルベ参加で以下の欠点が浮き彫りになってきました。

 

1 視線を真下までずらさないと視界に入らない。

2 字が細かいので凝らして見ないと確認できない

3 ヘッド部にライトつけてるものの配光が悪いため印字が全部見えない。

4 ダンシング時にクリップボードが少し当たってやりにくい。

 

これらを解決するためトップチューブにモノを取付けるのはダメ!別案考えようということで あちこちのブルベ関係のブログ見回って参考にしてやってみました。いきなり結論ですが写真をどうぞ。

 

f:id:underbar_shusai:20160515211121j:plain

この金属の台みたいなモノはなんぞやというと、

Minoura Japan – ステンレス ミニラック

 

少し前に買っていたのですが有用なイメージがつかめなかったのでお蔵入りしてたモノ。上向きにつけていたヘッドライトを逆さにし、取付スペースを確保して若干左方向にオフセット。上から見るとこんな感じ。

f:id:underbar_shusai:20160515212054j:plain

まだ最終的には検討の余地がある気がしますが、とりあえずクリップボードを太い輪ゴムで止めて取付。

f:id:underbar_shusai:20160515212313j:plain

いい感じかもですが輪ゴムの劣化や突然切れるのが心配ですかね。

トップチューブからハンドル上まで20センチは距離が変わったので視認性も若干上がりました。ダンシングにも影響なし(ちなみに、サイコンはこの写真では半分隠れてますが乗車するとちゃんと見えます)。

使用しないときはワンタッチで外せます。実走行に耐えるかは体調回復してからですね。

 

ついに導入というかなんというか

昼間はいいけど夜間はどうするんだというと、もうハンドル周りに何も取り付けるスペースがないのでこうします。

 

f:id:underbar_shusai:20160515213336j:plain

ヘルメットライトを導入です。ジェントスのヘッドウォーズHW-933XG。

前方視界も確保できるし、ライトの照射角度を手で変えられるのでキューシートやGPSの確認もこれでやりやすくなる…かも。

スペックの割に買い得感があったので購入したものの、まだブルベへの導入には懐疑的です。なぜかというとヘルメットへの固定方法。

 

f:id:underbar_shusai:20160515214929j:plain

f:id:underbar_shusai:20160515214950j:plain

こんな感じで取り付けるのですが、もともとそのまま頭に巻くか工事用ヘルメットに取り付けるのが目的のライトです。自転車用ヘルメットに取り付けるには、形状や塗装にもよるけど少し無理があります。この写真からもわかるとおり頭頂部のバンドが取り付きませんでした(厳密には取り付けるとその張力に耐えられず横側の鉢巻きバンドがすべってしまって固定できない)。現状の固定方法が長距離走行でも動いたりずれたりしないかはわかりません。

まあ、ダメだったらダメで別の方法考えます。通勤メット用におろすかもしれないし。

 

ちなみにこのライト、前は当然白色LEDなんですが後ろの電池ボックス部にも赤色LEDがついてます。スペックとしては申し分ないだけにちゃんと使いたいんですけどね。

 

ジェントスの横に写ってるバーテープについてはまた機会があれば。買ったけど轟天2号と3号どちらに巻くかを決めてないんですよ。