読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

TANTANロングライド2016を走ってきたよ当日編その2

サイクルイベントレポート

続きです。

 

ここから本番

みたいな感じで、まずは旧加悦鉄道の廃線跡を利用したサイクリングロードを走ります。

 

f:id:underbar_shusai:20160607221710j:plain

ここではありませんが、走行区間によっては線路をかたどった道路標示、そして駅のあった場所に洒落た休憩所もあります。地元人の憩いの場的な。

 

丹後大宮から峰山に抜ける道中でかわいいちびっこローディを発見。

f:id:underbar_shusai:20160607221904j:plain

お父さんと参加かな?がんばれ将来の新城幸也

ここまでは平地走行ですがこの先はBコース最初の山場(そしてAコースを恐怖にたたき落とす)、THE広域農道です。

 

アップダウンはクイズだけでいい(?)

農地と幹線道路を一直線で結んだんでしょう。動力付きの車ならなんでもない道ですが自転車には絶望を一望できるTANTANでの名物道路です。

f:id:underbar_shusai:20160607222400j:plain

これは1つめのアップを登り切ったところ。ひたすら直線で斜度はさほどなもののやたら長いアップダウンが3回あります。更に言うと3つめのアップ手前、谷底の部分に信号機があり、タイミング悪いと停止せざるを得なくなり惰性で登れない極悪さ。ここで実力差が出るのか、かなりバラけてしまいましたね。

ここが終わってしばらく進むとてんきてんき丹後ASに到着です。

 

ゆっくり休もう

AコースもBコースもゴール時間や足きり時刻が同じなため、Bコースをそこそこのスピードで走ってるとかなりの時間的余裕が生じます。到着時刻は10時37分ですから足きりの4時間近く前に到着という楽勝ムードです。

f:id:underbar_shusai:20160607223311j:plain

f:id:underbar_shusai:20160607223333j:plain郷土食のばらずしと地元乳業会社の飲料、グリコのCCDドリンクをいただきます。ここには写ってませんが梅干しやバナナもいただきました。

 

食べたら靴脱いで張り出した足を大根干し。40分ほど休んで再スタート…の前にトイレ。そしてこんなポスターを発見。

f:id:underbar_shusai:20160607223558j:plain

バイクアニメ「ばくおん!!」とのコラボによるマナー啓発のポスターですね。

ここでクイズ。主役はどの子でしょう?答えはこの下を反転表示してください(PCサイト限定)。

 

   右から2人目の茶色い髪の子。普通前列に主役持ってくるだろうに。

 

あらためて再出発。ここからは観光サイクリングモードでまったり。

展望台でこんな写真撮ってもらったり(なんで腰が引けてるんだろう…)、

f:id:underbar_shusai:20160607224226j:plain

坂道手前で写真撮ったり、

f:id:underbar_shusai:20160607224634j:plain

そして断崖から見る絶景。

f:id:underbar_shusai:20160607224811j:plain

これが終わるとおそらく今回きりかもしれないスペシャルコースへ。

 

 

 

ケガの功名???

国道178号線をひた走るこの海岸線沿いのコースですが、崖の崩落?事故があったようで実は今は車両通行止めの区間があります。経ヶ岬丹後半島最北端)からしばらくはTANTAN参加者のためだけに特別に解放してくれました。つまり自転車専用道路。結構な坂道なのですが自動車が来ることない区間なのでかなり余裕で登り切ることができました。ただニホンザルとかの野生動物が道路上に落としていく反作用物が野ざらしなのはちょいと閉口。自動車走ってるとタイヤによって淘汰されるんですけどね。

そして最高に崩落部分は自転車さえも乗車しては通過できません。 

f:id:underbar_shusai:20160607225742j:plain

100メートルほどですが押して通過します。シートのすぐ向こうは海。

ここを過ぎるとしばらく海とはお別れ。伊根町の山間部を走って舟屋群を目指します。

 

続きます。