読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

京都美山サイクルグリーンツアーVol.5のコース攻略法を教えるよ 南進ルート編

回るのも食べるのもルート次第

何度も書いているとおり、この美山サイクルグリーンツアーは参加者が思い思いのルートを使ってもよい、そして何度もエイドステーションに寄って飲み食いしてもよいという非常にゆるい雰囲気でおこなわれるロングライドイベントです。

とは言うものの真夏の猛暑の中、そしてルート選択次第ではきつい道を走る羽目にもおちいることもあり得るし、エイドステーションもタイミングを逃すと限定系の食べ物(スイーツや麺類に多い)にありつけないという悲しいハメにも陥ります。

そこでこれまでの参加経験を元にしたコース攻略法(効率よく食べ物にありつく方法)を伝授?したいと思います。

 

 

ただし、

 

文章自体は前ブログに掲載していた2015年版を元に加筆訂正したものです。最初から書くのは疲れるし、コース変更はあるものの大筋ではほとんど変わらないし、なにより前ブログはもうインターネットの塵となっています(mixi日記には残ってますが)ので再掲の意味も兼ねて。

というわけで今回は南進ルートです。チェックポイント回るにも食べ物にありつくにも時間効率は一番いいかもしれません。

 

 

初心者にお勧め南進ルート

コースマップ見ながらどうぞ。

http://www.cyclingmiyama.com/greentour/wp02/wp-content/uploads/coursemap2016.pdf

 

美山小学校をスタート、アーチをくぐっていきなり右に行きます。 下吉田トンネルをくぐって大きな丁字路を右に行って道なりに原チェックポイント(以下CP) に行き次は北上、うっそうとした山道(気をつけないと見逃します)を抜けて長尾CP、平屋エイドステーション(以下AS)に立ち寄り軽く朝食。まだ用意できていない可能性あるのでそのときは帰りに食べましょう。 

かやぶきの里方面に向かい、知見・河内谷・田歌の各CPを巡ります。知井ASを中心に放射状なので帰ってくるごとに飲み食いできますね。

平屋ASまでもう一度戻ってきたら激坂の九鬼ヶ坂峠は通らず、2キロほど遠回りになりますが朝来たルートを逆戻りして美山小学校方面へ戻りますが、途中で(美山名水の 工場を過ぎたあたり)左に折れます。由良川の南側を通る道。ここは私が大野方面へ行くためにいつも使っていたいわば裏道。今年は萱野・肱谷・向山のCPができているので通る人も増えるでしょうね。

由良川を右手に見るルートでさかのぼり、川谷のCPを通ると大野ASと宮島AS、そして鶴ヶ丘ASと連発で食べます。

正直後半でこの連発ですから腹一杯になって食べられなくなったりする可能性も
あります。

そして洞・山森のCPをクリアすればめでたく全CP走破です。ゆっくりと美山小学校へ戻りましょう。


このルート、一番足を使わなくていい反面、最初のASまでが遠くてそして後半に固まってしまうという。同じルート取りも面白くないので私はたぶん使わないと思います。

 

 

次回は西進ルートを紹介します。