読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

23Cタイヤで耐パンク性を考えた結果と、フロントバッグとライトの話の続きだよ

在庫あったのがこれだけ

お盆期間の自転車店なんて部品仕入れできませんですからね。お眼鏡にかなうタイヤが大阪梅田の某店にあったので買ってきたのは、

 

f:id:underbar_shusai:20160813231246j:plain

パナレーサー RACE D EVO3 でした。

 

ブルベリストならグラベルキング一択だろうという意見もありますが、23Cモデルが店頭在庫になかったんですよ(ラインナップにはある)。

このシリーズはAタイプを過去に使ったことありますが、名前のとおり高速安定性の良いタイヤ、グリップ力も見た目よりあるという印象です。値段も安価なんですがその分タイヤとしてのおいしい期間が短かったですね。3000キロほど走ったらもうへたってきてました(主観ですよ)。

 

パナレーサーといえばビードが固い

よく言われていることです。特にシマノのホイールとの相性が最悪で、以前使用していたアルテグラ(WH-6700)ではずいぶん泣かされました。

キシリウムエリートというか、マヴィックのホイールとはどうなんだろう…やはり少し固いですね。慣れの問題もありますが最後は素直にタイヤレバー使いました。

取付後はこんな感じ。

 

f:id:underbar_shusai:20160813232355j:plain

サイドの色をブラウンにしましたが全然目立たない。黒で良かったな。

アップでどうぞ。

f:id:underbar_shusai:20160813232503j:plain

リムからのはみ出しも25Cほどではない。着脱時もブレーキアーチへの干渉はありません。

少し近所を走ってみましたが、別段走りの上での体感できる変化はなし。コーナリングでのぐにゃり感は若干減った感じはありました。たわみがないということでしょうね。

 

特に問題なければ岩国600以降のブルベはこれで参戦ですね。まずは走り込んで一皮むいておかないとですね、はい。

 

 

フロントバッグ対策のライト配置

先日のフロントバッグ新調時に発覚したライトの照射がバッグに邪魔される問題。暫定解決ですがこんな感じです。これもテストで問題なければ岩国600で導入ですかね。

まず、ライトは近所のドンキで買ってきたこれ。

f:id:underbar_shusai:20160813233347j:plain

マグライトの定番、ジェントス閃の単3電池タイプです。 

ジェントス 懐中電灯 閃 320 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-320

ジェントス 懐中電灯 閃 320 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-320

 

 これを、

f:id:underbar_shusai:20160813233514j:plain

 

Bikeguy バイクライトホルダー(ライト別売り)

Bikeguy バイクライトホルダー(ライト別売り)

 

  これまた定番、バイクライトホルダーで固定して取付け、固定場所は 

f:id:underbar_shusai:20160813233801j:plain

  

MINOURA(ミノウラ) バーエンド装着型ライトホルダー LMA-H

MINOURA(ミノウラ) バーエンド装着型ライトホルダー LMA-H

 

これを使ってバーエンドへ取り付けます。

できたのはこんな感じ。施工したのは先週のためタイヤが旧なのはご容赦。

 

f:id:underbar_shusai:20160813234355j:plain

f:id:underbar_shusai:20160813234416j:plain

ハブ部分とあわせてこれで夜中でも視界確保できそうです。

 

これで機材関係の憂いはなくなった…のかな。資金的問題もあるのであまり考えたくないです、はい。