読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2017 BRM319福山600はDNFだよその1

DNFの土台作りは前々日からあった?

少し家庭の事情があり、母方の実家と役所とその他諸々を動き回る用が金曜土曜にあり、自動車で福山入りできたのが土曜の22時半という最悪の前日入り。加えて気が張った中での車中泊ではろくろく眠れず、集合時間を向かえることとなりました。あれだけ寝不足はいかんと言ってたのにもう少し立ち回りを考えろよと当日の自分に言いたいところです。

 

オダックスジャパン稲垣会長に黙祷

福山600の数日前のこと。

ニュージーランドのブルベに出場中、トラックに追突されて亡くなられた稲垣会長を偲び黙祷をささげ、喪章を付けてのブルベスタートします。

 

f:id:underbar_shusai:20170324225915j:plain

暗い中、これは受付兼車検待ちの行列ですね。ブリーフィング前に黙祷。

 

アホ その1

明け切らない福山市内を走り、一山越えれば17キロ地点に最初の通過チェックです。ファミリーマート福山金江町店。参考通過時刻は6時6分。飛ばさず止まらずの通常運転です。ちなみに参加者がここに集中するのを避けるため、ここ以外にも道中の2つのコンビニレシート取得でも可でした。実際数人はそちらに流れたようですね。

そして尾道駅前の渡船乗り場に到着。

いよいよしまなみ海道に入ります。

 

f:id:underbar_shusai:20170324230457j:plain

この写真を撮るため、はめていたグローブをサドルバッグの上に置いてます。前に見えてる船に乗るために撮影後急いで乗り込み、

f:id:underbar_shusai:20170324230639j:plain

何度も見てるけど尾道のこの箱庭のような町並みが美しいと思いつつ、短い船旅は終わり。下船して再スタート…あれ、なんかおかしいぞ。

 

グローブ落とした…おそらく対岸の写真取った場所に。

 

本ブルベ最初のアホやらかしです。さすがにグローブなしでは防寒という点でも安全性という点でもシャレにならんのですぐにコンビニ寄って手袋購入。防寒性の高いの選んだので1900円の臨時出費ですよ。

気を取り直して先を急ぎます。この買い物でおそらくビリにまで下がったかもしれません。

 

しまなみ海道も3回目だと感慨がない

いや、世界でもっとも美しいサイクリングロードの1つだというのはわかってますし、たくさんのサイクリストともすれ違った。ただ今回はしまなみはたんなる通過の道。足に負担をかけないよう少し休みも入れましたが黙々と走らせます。紹介を兼ねて橋の写真を全てお見せします。

 

f:id:underbar_shusai:20170324232553j:plain

因島大橋ろんぐらいだぁす!でもおなじみの高速道路の真下を渡る変わった橋ですね。

f:id:underbar_shusai:20170324232826j:plain

生口橋。これを渡ると、

 

f:id:underbar_shusai:20170324232901j:plain

PC1、ローソン瀬戸田中野店に到着です。時刻は8時22分。貯金は35分。ツナマヨパンとオレンジジュースで遅い朝食とります。ちなみにブルベ中に必ず1回は濃縮系のオレンジジュース飲むのが私の習慣です。ビタミンとクエン酸補給の意味で。

f:id:underbar_shusai:20170324233335j:plain

瀬戸田レモンの石碑をバックに多々羅大橋。渡る途中で愛媛県に入ります。道の駅に「サイクリストの聖地」石碑(当ブログの管理人写真に使ってる石碑)もありますが今回はパスして、

f:id:underbar_shusai:20170324233552j:plain

大三島橋愛媛県側は少しですが道が険しいのです。

f:id:underbar_shusai:20170324233739j:plain

伯方・大島大橋。ここで仲良くさせてもらってる某氏に追い抜かれます。先述のサイクリストの聖地に寄っていたそうで(しまなみも初めてだそうです)。

そして、最後の橋である、

f:id:underbar_shusai:20170324233937j:plain

来島海峡大橋を渡りきると、四国本土に上陸です。しまなみ海道はここで終わり。

PC2着いたときに1時間半は貯金が欲しかったのでホント駆け抜けたという感じです。まあTwitter上で少しネタ写真上げて遊んでたりはいましたけどね。

 

PC2は風俗街?

今治市はタオルも有名ですが造船の町でもあります。間近でこんな大きい船を見ることもできます。

f:id:underbar_shusai:20170324234819j:plain

船好きにはたまらんでしょうけど私は先を急ぎます。今治から松山への約40キロはほぼ平坦の海沿い道路。 急ぎ目に行けば貯金を更に重ねることができるので頑張ります。はたしてその結果、

f:id:underbar_shusai:20170324235154j:plain

道後温泉というか道後ヘルスビル横のPC2、ファミリーマート道後湯之町店に到着したのは13時12分。貯金はほぼ予告どおりの1時間24分。

それにしても風俗街の入り口がPCとは。参加者が数人ビルに消えていったそうです(嘘)

おにぎり食べてそそくさとリスタート。

f:id:underbar_shusai:20170324235502j:plain

道後温泉本館の前を通り過ぎ、いざさらば松山です。

 

続きます。