ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

第14回 Mt.富士ヒルクライムを走ってきたよ 前日編その2&当日編その1

続きです。

 

 

邂逅に感謝

 

誰も出会えなかった。寂しいなぁと思いつつ本日の宿へ向かう私。宿は山中湖のほとりにあるカプセル式のドミトリー(名前はググってね)。徹底的に安く上げて

カプセルにこもってこんな自撮りしてツイートして悶々としてると、

f:id:underbar_shusai:20170615231355j:plain

 

「もしかして同じ宿?×××ってところ?」

という肝を冷やすようなリプライが飛んできました。

「そうですよ。×××××があるところ」

「フロントお越し下さいw」

 

おそるおそるフロントに向かいます。そこにいたのは…

 

紅姫(べにひめ)さん

 

Twitterで最近相互フォローになった、ロングライダース界隈にもちょくちょく登場になる妖艶な雰囲気の美女、見た目とは裏腹に粋で気さくなお姉さんでした。

まったくの初対面にもかかわらずフランクにしばし自転車談義、明日の健闘を誓ってお休みとなりました。

(実はこのあと私がシャワーの順番待ちをしてるときにもお目にかかったんですがそちらは省略)

 

 

やはり私はこちらの人

f:id:underbar_shusai:20170617150826j:plain

ロングライダースのオリジナルジャージにゼッケンを付け、自転車もすぐに出せるように準備してる(黙々と固定ローラー回してる人もいたですね)と夜の帳が降りてきます。夕涼み兼ねて山中湖近辺を散歩してるとなにやら反射ベストを着たロード乗りと数人すれ違います。ん?ここ通るブルベでもあるのかな?と思いセブンイレブン前で休憩してた一人に尋ねるとランドヌ東京の300キロブルベだそうで。エールを送って見送ります。

小腹が空いたのでラーメン食べて、

f:id:underbar_shusai:20170617151509j:plain

カプセル戻ってKindleで漫画読んでたらいつの間にやらいい時間。(順番待ちして)シャワー浴びてアラームを3時に合わせて眠ります。

 

ヒルクライムの会場行くのにヒルクライムする

おはようございます。白々してくる午前4時前に宿をチェックアウト、途中のローソンで朝飯と補給食買って指定された駐車場に向かいます。

指定された駐車場はくぬぎ平運動公園。会場の北麓公園までひたすらヒルクライムですよ。轟天2号に乗り換えて出発。いいウォーミングアップになるかと思ったら会場手前で大渋滞…。

どうやら聞いた話では公園設備の一部が改修工事で狭くなってる、その状況で昨年にくらべ参加者が2000人増えたものでラッシュアワー状態。その状況で下山用の荷物を指定場所に預けるのに行き来するので余計に混雑してると。私はなんとか指定時間までに荷物預けが終わりましたが結構積み残しもあってトラックは去って行ったとか…。

このあたり運営側は来年に向かって改善すべきかと。

 

待機場に到着しましたがスタートまで3時間以上あって暇。日も出てきて暖かいので芝生に寝転んで朝寝を決め込みます。爆睡するわけでもなく少しして起きだしトイレ行列に並んで軽量化。

 

f:id:underbar_shusai:20170617153920j:plain

 この日の轟天2号。ブルベとは真逆のシンプルさ。ボトルには水を半分だけ。予備チューブ1本とポンプ、タイヤレバーだけをジャージのポケットに入れた軽装備です。まあこれらは幸いに出番はなかったんですけどね。

 

f:id:underbar_shusai:20170617154154j:plain

f:id:underbar_shusai:20170617154209j:plain

前は自撮り、背面は隣にいた参加者のお兄さんに撮影お願いしました。かっこいい(ジャージが)。

 

オープニングセレモニーが始まり、選抜枠から一般参加の申告タイム順にスタートしていきます。そして私のいる第20グループ(一番最後だ)にも出番がやってきます。

 

f:id:underbar_shusai:20170617154827j:plain

いよいよです。

 

 

続きます。