ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

轟天2号とお別れだよ

美山サイクルグリーンツアーVol.6が乗りおさめ

轟天2号。正式名称はMERIDA REACTO907。

f:id:underbar_shusai:20160117224211j:plain

f:id:underbar_shusai:20160615232159j:plain

f:id:underbar_shusai:20170326212105j:plain

速く走るために生まれてきたエアロロードのくせに乗り手(私)が鈍足なためレースなどには出ずひたすらロングライド、あまつさえブルベに染まってしまってアホみたいな長距離を東奔西走。その激務にもよく耐えてくれました。

しかし、いろいろ改造したとはいえしょせんはレース用マシン。前傾もきつくフレームやフォークがカチカチに固い。加齢とともに身体的負担が大きくなることが予測されるのと、自分自身次のステップに進むため、乗り換えを決意いたしました。

ここ1ヶ月ほどの記事でホイールをノーマルに戻したりボトルケージを1つにしたり京都の岩倉へ行ったりしてたのはその布石です。

初代轟天号以上に思い出と汗が染みこみ、先日の美山が最後のライド、降りたときにはなんか感慨深いものがありました。

 

ドナドナ

狭いながらも楽しい我が家にはさすがにロードバイクを3匹も買う余裕も場所もないため(ローラー用に組み直そうとも思ったんですけどね)、必然的に轟天2号は売りに出すことになりました。

本日(2017年8月5日)、すでにすべてノーマルに戻された轟天2号をクルマに積み、大阪市内の某買取ショップへ。轟天1号も同じところで買い取ってもらってます。

事前査定はweb上で終わっていたので実車を見て傷などのチェックだけであっさりと本査定は終了。出てきた金額は…お店への迷惑になるのでナイショ。ぼかして言うと頑張ってエントリーグレードのロードバイクが買えるくらいですかね。傷だらけでしたから買いたたかれるかと思ったのですが予想を上回る高額査定でビックリでした。

(店員さん曰く「メリダ新城幸也のネームバリューで中古市場でも高値安定」だそうで)

 

最後のお別れに写真におさめてきました。

 

f:id:underbar_shusai:20170805222358j:plain

f:id:underbar_shusai:20170805222331j:plain

 

さようなら轟天2号。たくさんの思い出をありがとう。次のオーナーは速い人だといいな。

 

 

轟天4号?

実はすでに次のロードバイクは自宅にやってきています。少しだけカスタマイズ後、ナレソメ?とともに披露をいたしたく思いますのでこうご期待。