ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

轟天4号(仮)がやってきたよその2

続きです。

 

まずは足回り

さて、今のままでも充分かっこいい(自賛)轟天4号(仮)ですが、さらに完成度を高めるために各種構成部品の交換に入りたいと思います。

「今イチ気に入ってないゾンダのリプレースと、できる限りフレームに合わせて紫色または近似色のパーツを使う」がテーマです。

 

完成形を先にお見せします。

f:id:underbar_shusai:20170808001248j:plain

以下に、ここのパーツ説明をします。

 

まずはホイール。

ゾンダ、よく回るしこぎ出しも軽いしなによりG3組のかっこよさが際立ついいホイールですよ。ただあまりにも定番過ぎて猫も杓子も状態になってるのは否めない。定番品が好きでないマイナー好みな私、同等スペック・価格程度であまり人が使ってないもっとかっこいいのはないかと探し、値段の折り合いがついたこちらに交換です。

 

VISION TRIMAX30

http://www.intermax.co.jp/products/vision/#trimax

 

これに別途仕入れたR8000のスプロケ(11-28T)を組み合わせました。

f:id:underbar_shusai:20170808003142j:plain

もともとついてる105の11-28Tを使い回せばいいのに我慢しきれませんでした。見栄っ張り。

 

タイヤは自分的に一番信頼度の高いルビノプロコントロール(新品)をはめます。最初はゾンダに臨時でつけてたMAXXIS製タイヤを使いつぶすかとも思ったんですが写真映えする組み合わせでこちら。

f:id:underbar_shusai:20170808001448j:plain

 

そしてペダル。

これまで使ってきたSPDペダルでもいいかと思ったのですが試してみたかったのでこちら。

クランクブラザーズ ダブルショット

https://www.riteway-jp.com/pa/crankbrothers/574635.html

 

本当はマウンテンバイク用なんでしょうけど、着脱しやすいと話に聞き、機構上泥のつまりも起こりにくいとのことなので試しにチョイス。

 

f:id:underbar_shusai:20170808000843j:plain

 

f:id:underbar_shusai:20170808000857j:plain

片面ビンディング、片面フラットなので普段の靴で乗ることになっても安心ですね。実用本位なのかもしれませんがマット調の黒塗装が好感持てます。

 

色を合わせられるものは合わせよう

フレームがせっかくの深紫色ですから目につくパーツは最初だけでもいいから色の系統を合わせてみたいと思い、無理矢理というか結構あちこち探したりアホな工夫したりの結果。

サドルは少しでも座りよくてそれでいて紫色のもの。探しに探して良さそうだと思ったこちら。

 

Fabric Scoop Shallow

http://jp.fabric.cc/shop/saddles/shallow-scoop.php

 

国内サイトでは色は限られるのですが海外通販では紫色も売ってます。さくっとポチって納車前に到着。そして取付はこちら。

f:id:underbar_shusai:20170808003112j:plain

上から見ただけではロゴと側面だけ紫色?と思うでしょうが、

f:id:underbar_shusai:20170808003324j:plain

底面が全部ド紫色です。そりゃこんなん日本向けに販売しても買い手を選ぶわ。

 

ロードバイクで見た目に一番目立つところ、フレーム除けばやはりここ、バーテープの色でしょう。紫色のバーテープなんてあるのかと思ったらありました。

DSP 2.5 バーテープ パープル | LIZARD SKINS | 株式会社 フタバ商店

 

しかも轟天4号(仮)に合わせたかのような深めの色です。これは使わないとダメだろうと思い即決購入。手垢もついてない元々の黒いバーテープをボツにして交換しました。

f:id:underbar_shusai:20170808004031j:plain

バーテープ巻くのが何回やってもへたくそな私。緩みを取りつつここまで仕上げるのに何度もリテイクでした。

f:id:underbar_shusai:20170808004152j:plain

バーエンドキャップも紫色というかバーテープのおまけ。ネジ留めとかでないためいつ取れるかわかりません。

 

ボトルケージとバルブキャップ。

これがある意味一番の難関。このフレームに合うと思えるものが見つかりませんでした。そこで取った最終手段は自分で塗装という。

バルブキャップは買い置きの金属製、ボトルケージは個のために買ってきた無垢のアルミケージをホンダ車用ブラックアメジストパールのスプレー買ってきて塗装。へたくそな出来ですがちゃんと足付け(下地処理)からクリア塗布、そして最後のコンパウンドでの研磨までちゃんとやってますよ。

バルブキャップは上のホイールの写真見てもらうとしてボトルケージはこちら。

 

f:id:underbar_shusai:20170808004752j:plain

アップにすると塗装ムラとか見えるので離しますが、意外にうまくやれました。

 

 

ムラサキ号

これでカスタムはひととおり終わりました。最後に全体写真をもう一度。

f:id:underbar_shusai:20170808001248j:plain

 

紫色です。ホイールまで紫ならもっと派手だったのになと思うけどそれはしょうがない。

 

書いてるうちに轟天4号(仮)と打つのもめんどくさくなったのでこれを機にムラサキ号と命名したいと思います。

轟天号シリーズはこの先もナンバリングとして残しておきますけど、対外的にはムラサキ号ということで。どうぞよろしくです。

 

さて、ムラサキ号の初のライドはどこに行こうかな?さすがにいきなりブルベはアレなので夏休みのうちにどこか走ってくるかなと考えてます。仕事の疲れを取るのが先の気がしますけどね、はい。