ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2017BRM910福山200を走ってきたよその1

こんなにトラブルが続くとは、夢想だにしませんでした

かどうかはわかりませんが、前日のホテル泊のおかげで目覚めはスッキリ、しっかりと朝食を食べて出陣です。

f:id:underbar_shusai:20170917192116j:plain

一泊6500円前後とビジネスホテルにしては相場ですが朝6時から食べられる朝食バイキング付きのベッセルホテル福山。駅から少し離れてるけどクルマでの遠征時にはおすすめです。

 

福山駅前のコインパークにクルマを駐め直しいざ出陣。福山駅北口の一角でスタート待ちします。

f:id:underbar_shusai:20170917193645j:plain

色が色なだけに黒っぽい写りになることが多いムラサキ号ですがフロントフォークのあたりがいい色出てますね。

 

そしてスタート。市街地を抜けるまではゆっくりとほぼ集団走行、川沿いに出たところで次第にばらけていきますがここでペース崩してはいけません。しまなみ海道に入るまでは知らない道なのでデジタルキューシート(後述)見ながらマイペース。ほどなく最初の通過チェックである鞆の浦の常夜燈へ到着です。

f:id:underbar_shusai:20170917201456j:plain

ここでのチェック方法は常夜燈と自分のブルベカードを一緒に写真撮ること。混むのが嫌なので撮って即時撤収です。

 

第1のトラブル:GPSがハングアップ

1回目の乗船である戸崎港まであと少しというところでGPSに目をやると地図が動いてない。おかしいなと思い止まって触ってみるとすべてのキー入力が受付されない状態でハングアップしてます。こうなるとどうにもならないので電池を抜いて強制電源オフ、そしてオン。

復帰はしたものの、走行距離が2キロほど少ない状態で再表示されました。つまりハングアップして2キロそのまま走ってきたということ。この先は頭の中で足し算すれば事足りるし、前回ブルベでトラブったサイコンは設定し直しでちゃんと表示されるようになったのでまあよし。先を急ぎます。

 

しまなみ海道への別アプローチ

普通?、しまなみ海道広島県側からサイクリングしようと思ったら出発地は尾道駅前から渡船に乗って…がセオリーだと思います。が、今回はそうではなく地元民しか使わないような(失礼ですよ)福山市の盲腸or尾道市の飛び地、戸崎港からの乗船です。

f:id:underbar_shusai:20170917225403j:plain

ここは時間の決まってる定期航路ではなく対岸に止まってる船を呼び出す方式だそうで。向こう岸から来そうな所にたくさんのブルベ参加者が待っているという絵ですね。脇で地元のオッサン達が魚釣ってるのが牧歌的ですね。

200円払って乗船、3分ほどの船旅が終わったらそこは向島。いよいよしまなみ海道往復の旅が始まります。

 

続きます。 

 

後述:デジタルキューシートとは

持ってないと話にならないし、いかに走行中に見やすくするかがブルベリストの悩みどころでもあり腕の見せ所でもあるキューシート。私も紙への印刷・ホルダーに入れてハンドル部分への取付け・シート自体をPDF化してKindleで表示…などなど考えてきて実践してきました。

ただ、どれもこれも帯に短したすきに長しを地で行くようなできばえで今イチおさまりが悪い。紙媒体は雨対策が念入りになるしKindleは視認性はいいものの大きすぎて野暮ったいし落下事故を数回起こして非常に危ない。

もっといい方法はないかいなと考えていたときに見つけたのがこちら。

 

ブルベのキューシートをiPhoneでめくる 

 

キューシートのキュー1コマ1コマをExcelの関数でレイアウト変更かまし(関数の書き方はは各団体によってキューシートのフォーマットが異なるので都度直す必要あり)、さらに1コマ1ファイルとしてPDF→JPGに変換、それをiPhoneのビューアでめくっていけるように転送しておくというもの。ここを参照させていただき、自分流にアレンジ。

スマホは今現在iPhoneは持ってないし、個人的にはAndroidのほうが使い慣れてるというわけで日本橋の電気街に出向き数年落ちだけど未使用品のドコモブランドのAQUOS PHONEを2980円で手に入れました(防水防塵の性能があるので大手キャリアのブランドのスマホは便利)。

表示以外の電気を食う機能は全部カットし、画像ビューアとして使用、取付はミノウラのスマホ用ホルダーを使いがっちりと固定。ムラサキ号に搭載した状態の写真を撮り忘れたのは痛いけど表示はこんな感じ。

f:id:underbar_shusai:20170917220741j:plain

f:id:underbar_shusai:20170917220704j:plain

これを指でスライドさせて連続表示させます。視認性もいい感じです。

ただ、カラー液晶だけに(このサイズのモノクロ液晶機があったら飛びつくんだけど)電池の消耗はいかんともしがたいのでトップチューブバッグに入れたモバイルバッテリから給電しながらです。

これで今回の200キロは走破完了。なかなかの視認性と邪魔っ気なしぶりでいいかもしれません。防水機能もあるので多少の雨なら大丈夫そうですね。スライドできなくなるかもだけど。

小変更はするでしょうけど日本橋600もこれでやっていこうかと思います。