ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

ムラサキ号のペダルが今度こそ決まったよ

福山200でもペダルはしっくりこず

あまりのはまらなさに徳島300の導入1回目で見切りをつけたクランクブラザーズのダブルショット、これに代わるビンディングペダルとして急遽用意したのがこちら。

 

 

三ヶ島独自の分割型ビンディングシステムにより、初心者にもぴったり、そして嬉しいのがSPDとの互換ありという点。いいことずくめな気がしたのですがレビュー記事読んでると評価が真っ二つというか低評価のほうが目立つ感じ。こりゃ自分で試してみないとダメだなと思い購入。そしてほぼぶっつけ本番で福山200に導入。

 

が、低評価は正しかった。

クリート締め付けの調整ねじを限界まで締めてもまだゆるい固定力、分割型ゆえのなんともいえない走行時の前後方向の遊び(左右方向じゃないのに注目)、そして致命的なのが両面クリートなのにフリーの時にどちらにも向かない重量バランスの悪さ。クリートキャッチの時に何度ペダルを空振りしたか。

慣れの問題かもしれないし、まがりなりにもブルベをクリアできるペダルですがこれは怖くて長距離には使えないということでお蔵入りです。ああもったいない…。

 

結局SPDに戻ったよ

というわけで奇をてらわず、素直にシマノSPDペダルにしようという最初からそうしろよいう振り出しに戻ることになったのですが、

 

今手持ちのSPDペダルがない!

 

という問題にさしかかりまして(ムラサキ号の資金調達のために持ってたの全部ヤフオクに出した)、購入する必要があります。

 

最初は轟天2号で使い慣れていたPD-A530(定番の片面フラット片面SPD)のブラックモデルにしようかと思ったのですが、偶然Twitterに流れてきたきたCBN(個人投稿型の自転車パーツ評価サイト)のこのレビュー記事。

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=15330&forum=44

 

ここから追えるリンクも含め、ベタぼめです。XTRってたしかマウンテンバイク用コンポーネントでは最高峰、デュラエースのようなものかと思い少し興味がわきます。

ただ、問題はその価格。安いところでも1万1千円台、これまで使ってきたペダルの中では最高の価格です。これまで使ったことのないマウンテンバイク用ということもあり重量や剛性も心配、でも気になる…。

 

…他に候補もない以上これでハズレだったら泣く、というわけで買ってしまいました。

 

シマノ PD-M9020 

SHIMANO(シマノ) PD-M9020 PD-M9020

SHIMANO(シマノ) PD-M9020 PD-M9020

 

 

 本日届きました。

f:id:underbar_shusai:20170924230425j:plain

さすが最高級グレード、化粧箱に入ってますよ。

中はこんな感じ。

f:id:underbar_shusai:20170924230520j:plain

なんかマウンテンバイク用とは思えないスマートさ。これならロードバイクに取り付けでも違和感なさそう。しかもムラサキ号のカラーコンセプトに合う漆黒ですよ。

 

ムラサキ号に取り付けてみました。

f:id:underbar_shusai:20170924230709j:plain

 f:id:underbar_shusai:20170924230721j:plain

おさまりはいいですね。さすが最高級グレード。

 

そしてこちらも新規導入のシューズにクリート取付け、位置合わせに入ります。

f:id:underbar_shusai:20170924230848j:plain

紐靴ですがちゃんとシマノ純正シューズですよ。これまで使ってたSH-RT82の後継モデルSH-RT400。 

 

家の前で履いて乗って微調整、履いて乗って微調整を繰り返し、とりあえずの位置が決まったところで日没につき終了。締め付けはデフォルト値でいい感じ、脱着もさすがの純正SPDしかも最高級グレードですから実にスムーズ、踏み込んだり擬似的にダンシングしてみてもぶれず不安感がない。

 

これで今度こそムラサキ号のペダルが決まったと思います。回り道をしましたがやはり世界のシマノ、安定を選びました。日本橋600もこれで大丈夫…かな。