ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

ムラサキ号の要改善項目だよ

曲がりなりにも3ヶ月乗ってきて

思うのはやはりクロモリロードは楽しいということ。速くはないもののペダル踏んだ分忠実についてきてくれるというか、反応が素直。いかにも自転車走らせてるという感覚が素晴らしいのです。

 

でも、ブルベという過酷な中で使ってきて少しずつ不満もあるわけで…

 

 

やはり登坂がきつい

現在のスプロケは11-28T。11速の分ロー側が歯数増えたような基本的なギヤ構成ですが車重と体重の分28Tでは踏み切れないときもありました。特に日本橋600の箱根越えで痛感。

これを11-32Tまで乙女化して楽になればいいんですけど、ワイドレシオとなることで逆に平地走行がきつくもなるわけで。換えるとしても悩みどころです。

 

ポジション出しが終わってない

ペダルを最後まで決められなかったせいでクリートの位置が今現在超がつくほどの適当さ。おっくうですが寒くなる前にやりきってしまいましょう。

サドル高さと位置もまだ検討の余地ありですかね。感覚的には高さをあと3ミリ程度下げ、前に5ミリくらい持ってきたい。坐骨神経痛が激しいため骨盤に重力かけたくないし、ここも試行錯誤の必要あり。

 

 

フレームバッグに代わるもの

日本橋600で引導渡したくなるくらい邪魔で実害のあったフレームバッグ。これに代わる新たなバッグを検討する必要ありです。フロントバッグはブルベ以外では大袈裟だしライトの取り付け位置が限られてしまうから使いたくない。でも今のサドルバッグでは長距離ブルベ(特に雨の懸念があるとき)では少し役不足。どうしたもんやら。

 

 

もっと軽いホイールが欲しいとか、強力で電池持ちのいいライトが欲しいとか、言い出せばきりがないし、愚痴っぽいのでこれで終わりますが、自転車ってお金かかりますねぇ(ため息)