ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018年の600キロブルベを考えるよ 西日本編

3年目の正直というわけで

来年こそ600キロブルベを走破、そしてSR取得。最大かつ唯一の目標ですがその道のりはやさしくありません。

 

600キロを40時間という制限時間で走りきる。これだけのことがとても難しく、これまで6度の失敗と1回のDNS。失敗を糧に精進といえどももうそろそろなんとかしたいところ。

 

現在各団体の開催日程を調査しているところですが、その中で自分が参加できそうなものを一部ピックアップしてみます。決してすべて参加するわけじゃないですよ。

 

まずはわれらがオダックス近畿。

なんせ40時間です。丸2日間の拘束時間と現地までの移動コストを考えると3連休以上のときに開催されるかごく近場からのスタートにかけるしかない。というわけでこの3つをピックアップ。

京都600はスタート場所と時間(京都駅6時スタート)考えたら前泊の必要あり。GWの京都なんてまともな値段で宿舎取れるかどうかもあやしいし見送りかも。

川西はこれ参加するとおそらく同日の富士ヒルには参加できないけど獲得標高からするとかなりボーナスコースの気がするんですよね。悩みどころ。

米原は夏までに600クリアできてなかったら考えましょう。コース難易度は未知数?

 

連休に開催といえばAJ広島でこんなのがありました。

ゴールデンウィークに連続2回開催、どちらもしまなみ海道渡って四国上陸、前者は徳島と香川をぐるり、後者は四国カルストを越えて高知折返しというもの。前者のほうが若干楽そうではありますがなんせAJ広島の開催です。2016年に岩国600でえらい目に遭いましたから今回もドSコースなんでしょうどちらも。

 

四国と九州の団体はまだ詳細出てないので見送るとして、コンセプトが気になるのはこちら。AJ静岡です。

その名の通り静岡県内を回るだけで600キロ走ろうという壮大なんだかよくわからないブルベです。面白そうではあるんですが詳細待ちですかね。

 

 

次回更新の東日本編に続きます。