ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

手の防寒対策をしてみたよ

手がかじかむと危険が危ない

当然ながら冬ライドでは防寒に注力しないと走るどころではありません。

上と下は防寒のインナーやタイツとかで重ね着、カイロ貼り付けたりそれこそダウンジャケットでも着てなんとかなりますが(夜間スタートの冬ライドとかでは特に)、扱いに困るのが手の防寒。厚手で裏起毛のグローブやインナーグローブとの重ねはめとかもありますが(実際、私は厚手の冬用グローブに防寒インナーの二重にしていた)、やりすぎるとブレーキ握ったりSTIの変速レバー操作に支障をきたすこともありました。ハンドル握るフィーリングも変わるしあまり好手とはいえません。

 

見た目はビジネスバイクのアレ

昨シーズンくらいからナイトライドの多いブルベライダーの中で話題になってるのがこれ。バーミッツ。 

ようはドロップハンドルにかぶせるハンドルカバー。ママチャリやビジネスバイクによくついてるアレですね。ハンドルにかぶせてその中に手を突っ込んで防寒するやつ。

 

あちこちのレビュー記事見る限り評判は上々。というわけで私も買ってみました。

 

f:id:underbar_shusai:20171230225526j:plain

ん?バーミッツってこれ…?

 

本物は高いのでパチモン類似品にしてみました。

バーミッツの約半額です。

 

さっそくムラサキ号に取り付けてみました。少し固いのですがなんとか取り付け完了。

f:id:underbar_shusai:20171230230412j:plain

わかってはいたけどなんか野暮ったい。およそロードバイクに取り付けるようなガジェットではないですよ。でも背に腹は代えられない。

 

もう少しアップで。まず左手側。

f:id:underbar_shusai:20171230230542j:plain

さすがに下ハンまでは隠してくれません。

 

そして右手側。

f:id:underbar_shusai:20171230230649j:plain

おい、ロゴが逆やん。さすがパチモン類似品 。あまり気にしない方が健康的。

 

取り付けた中はこんな感じになってます。正面からストロボ撮影。

f:id:underbar_shusai:20171230230851j:plain

言いたくはないがなんか形的に卑猥な感じがするのは気のせいでしょうか。こんなのに手をズボッと入れてくねくねと指を動かすんですよ。しかもだんだん暖かくなってきて湿り気も発生する。なんていやらしいんですか奥さん(誰?)。

 

見た目より実力を評価しよう

上のアホ発言はおいといて、今年の走り納めも兼ねて練習コースを走ってきました。

グローブは冬ブルベと今現在の通勤で使っている少し厚手の防水(防寒とは言いがたい)モデル。サイクルベースあさひのショップブランド品だったかな?これを1枚だけ装備して外気温約5度、少し向かい風ありの山道を20キロほど走った感想。

 

すげぇ暖かい、手の体温が奪われないのでかじかむことなく変速とブレーキ操作が可能。ダウンヒルでも風が当たらないのでスピードを上げられるのがすばらしい。

突っ込んだ手の奥が見えないので少し慣れが必要かもですがこれは値段以上に使えるシロモノかも。さっそく正月のシークレットライドで導入決定ですよ。

冬ブルベの防寒対策にお困りのかたは是非一考を。バーミッツでもパチモン類似品でもなんでもいいですから。冬のマストアイテムです。

 

クルマが修理から戻ってきたので

先日手に入れたVERGO-TF1を使って、車載の練習をしてみました。

 

f:id:underbar_shusai:20171230232402j:plain

結構がっちりしてるし、接地面に滑り止め処理がされているので後輪のメンテナンススタンドはいらないかも。

f:id:underbar_shusai:20171230232512j:plain

一応取り付けてみましたが左右方向の揺れに耐えられるかどうでしょうか。自作のモノよりは何倍も安定性はいいですけどね。

 

ちなみにシークレットライドは輪行で行きますよ、車載は神戸300からか、もう少し暖かくなってからですかね、はい。