ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM107神戸300を走ってきたよその1

真冬の深夜スタート(事前睡眠なし)

苦手なシチュエーションが重なった、更に言うと少し風邪の症状もあった中での300キロブルベです。風邪は神戸向かう前にドラッグストアでルル飲んでごまかし、寒さが未知数なので冬装備の上に本業用の作業ジャンパー(いわゆるドカジャン)着こんでスタート地点のHATなぎさ公園へ向かいます。

f:id:underbar_shusai:20180114215919j:plain

受付終わらせてスタートまでじっとして待ちます。鳥目なので知り合い探すのも一苦労。

 

やはり信号峠はしんどい

自身初となる神戸スタート。HATは三宮から少し東側にあり今回のコース取りは西進。となると三宮・元町・新開地と来る都会のど真ん中ルートで信号峠が腐るほどあります。西代か須磨駅を越えるくらいまではスピード上げるの無理だなと結論を出し、買い忘れた水をコンビニで買ったりしてゆっくり行きます。

そんな感じで走らせていくとほどなく最初のフォトコントロール(今回は7カ所!)である舞子公園に到着です。

f:id:underbar_shusai:20180114220945j:plain

公園入口にあるこの石のモニュメントをバックに自転車の写真撮るのが条件。

寒いしまだ参加者も多かったので時間かけず適当に撮ったら舞子公園の彫りが切れてしまいました。まあわかればいいんです。

明石海峡大橋を横目に見て気を引き締め、明石市市街地を抜けるとしばらくは東播の農業地帯を走る最初のスピードアップ場所。少しでも貯金稼ごうと時速26キロペースで回していきます。

が、ここへ来て予想外の問題が。

寒さを避けようとドカジャン着てきたのに体が温まって汗ばむと逆に暑い!そして蒸れる!というわけでドカジャンは用済み。こんなこともあろうかと服の収納用に担いできた空のリュックサックにつめて再スタートです。風邪は治まったみたいで多少肌寒くても体は動きます。

 

♪ランランランランドセルは~

加古川を越え、1つ峠を越えて姫路市に入ると(今回は往復コースなので帰りも越えることになるのが憂鬱)ほどなくPC1に到着です。

f:id:underbar_shusai:20180114222642j:plain

到着時刻は5時26分で貯金は50分。まあ予定どおりかな。

夜も明けきらぬ姫路市街地をまたもや信号峠にやられながら抜けだし、ここからは西播地域を走ります。

明石から稲美、加古川高砂市あたりまでを播磨地域の東側というわけで東播(トウバン)、姫路からたつの、相生市宍粟市くらいまでを西側というわけで西播セイバン)と言いますが、セイバンといえば「天使のはね」ランドセル。そのメーカーであるセイバンは文字通り西播たつの市に本社があります。

www.seiban.co.jp

コース上に工場もありました…どうでもいいですか、そうですか。

 

牡蠣食えば 腹が鳴るなり 法隆寺(違う)

今回のブルベは「新春カキオコライド」というサブタイトルがついております。カキオコとは文字通り牡蠣のたっぷり入ったお好み焼き。目的地である日生(ひなせ)のご当地グルメです。

日生カキお好み焼きHP

 

まあ先に言ってしまうと時間がなかったのでカキオコは食べられなかったんですが。

 

コース上も網干を超えるとひたすら海沿いの牡蠣養殖地帯。室津・相生・赤穂と日生までひたすら牡蠣の養殖場や牡蠣小屋、直売所が続きます。そんなコース上にある次なるフォトコントロールが道の駅みつ。

f:id:underbar_shusai:20180114225927j:plain

看板と自転車を撮ればいいのでこれでクリア。ここでオダックス近畿仲間のオオイシ氏に遭遇。パンクしたとかでご愁傷様。こちらは再スタート。

 

海岸線のアップダウンが地味に来るのとトイレにも行きたくなったので相生の道の駅白龍城で休憩します。

f:id:underbar_shusai:20180114230830j:plain

ここは牡蠣小屋もあるし温泉もあり、駅から近いしまわりはイオンもあるしでお気軽に牡蠣を堪能するならおすすめです。

でも私の真のおすすめはここではないのです。

 

毎年クルマで来るところにチャリで来た

私のおすすめはここ。播州赤穂くいどうらく。

播州赤穂くいどうらく かき料理、焼ガキ食べ放題&瀬戸内海鮮の店 - 播州赤穂 くいどうらく

 

毎年欠かさず友人と連れだって来ているのですがそのときは当然クルマ。今日はそんなところにチャリで来てみました。

f:id:underbar_shusai:20180114231603j:plain

偶然の一致ですがコース上にあるので写真撮るのも容易でした。2月にまた来るよ。その時についでに日生も寄ってカキオコ食べようかな。

 

ロックにいくぜ@けものフレンズ

赤穂の海岸突端に向かってぐいぐいと高度アップ。3番目のフォトコントロールである伊和都比売神社へ到着します。

「いわとびめ」ではなく「いわつひめ」神社ですので念のため。決してアイドルのイワトビペンギンなんていませんよ?

東郷平八郎も参拝したという航海の神様だそうです。ここでは鳥居(または手前の看板)と自転車を含んだ写真を撮ることが条件。

f:id:underbar_shusai:20180114232448j:plain

意味もなく斜めに撮ってみましたが実際は平地ですよ。

 

再スタートし、赤穂の市街地というか工場地帯を抜けるとPC2が見えてきます。

 

続きます。