ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM107神戸300を走ってきたよその2

続きです。

 

峠越えの県境は好きじゃない

PC2の到着時刻は9時26分で貯金は58分。このまま1時間貯金のペースで行ければいいんですけどね。

f:id:underbar_shusai:20180116233713j:plain

あまりおなかもすいてないのでゼリー飲料とおにぎり1個だけ買って出発です。

ここから岡山県との県境に入ります。ブルベで通るから目立つのかわかりませんが、県境ってなんか峠が境目にありますね。坂道嫌いマンとしてはこれほど嫌なものもありません(何様)

 

それはさておき岡山県備前市に入ります。まずは日生の港前を通り過ぎ、閑谷学校を目指します。バイクで20年くらい前に来たっきりですのでどんなとこかも忘れてます。

こんなところ。

f:id:underbar_shusai:20180116234114j:plain

わかりませんか、そうですか。

ようは昔の庶民学校ですね。岡山藩主が建てた日本最初の…だそうです。

shizutani.jp

 

この看板撮影が通過証明なのできびすをかえしてもう一度日生へ向かいます。今度は橋を渡って島へ向かいます。

 

嗚呼カキオコ

未練がましいですよ自分。混雑時にしか来られない自分の貧脚を呪いなさい。

 

それはさておき島に渡り、ちょっとしたアップダウンで苦しみながらもPC3のたぬき山展望台へ到着です。

f:id:underbar_shusai:20180116234545j:plain

展望台から有人PCの東屋を撮影。私の到着時刻は12時9分で貯金は1時間3分。

ちなみに展望台といいつつその実ここは墓地。ばちあたりとかいうなかれ。カキオコのにおいに後ろ髪を引かれながらも進みます。

 

ここからは来たコースを戻ります。

f:id:underbar_shusai:20180116234933j:plain

日生はなんか尾道の雰囲気に似ています。瀬戸内の港町ってみんなこんな箱庭みたいな立地でしょうか。

 

ここから眠気との戦い

少し交通量も多くなってきましたが峠をひとつ過ぎ、兵庫県に入ればすぐにPC4です。実はPC2と同じセブンイレブン。到着時刻は13時14分でまたもや貯金は58分。

f:id:underbar_shusai:20180116235156j:plain

カキオコの恨みをちらし寿司とカップヌードル、どら焼きで晴らします(晴れません)。炭酸水はミネラルウォーターより安くて炭酸飛べばただの水なのでこういうときにおすすめ。

赤穂市の工業地帯を抜け、帰りは激坂に変わる神社前の坂道を閉口しながら登ってフォトコントロール。もう一回鳥居を撮ります。

f:id:underbar_shusai:20180116235522j:plain

適当に撮ったのでムラサキ号は前半身だけ。

そろそろ眠気が限界にきてて雑な撮影になるし、ペダル回しててもこっくりとなり出してきました。途中の展望台で10分ほど仮眠取ります。さほど寒くないのが救い。

仮眠から覚めてもまだ頭はボーッとしてるのですがこれ以上貯金を食いつぶすのは危険な気がします。ここで最終手段、トメルミンを飲んで強制的に眠気を飛ばします。胃が痛くなるからあまり飲みたくはないんですけどね。

なんとか眠気も飛んでこぎ回し、次なるフォトコントロールの道の駅みつへ滑り込み。

f:id:underbar_shusai:20180116235900j:plain

眠気覚ましにストレッチして、急ぎます。姫路市内での信号峠によるスローダウンが心配です。夕方ですし。

 

 

続きます。