ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM107神戸300を走ってきたよその3

続きです。

 

トメルミンの副作用?

姫路市内はやはり信号峠、ちょうど夕暮れ時のため車も人も多くて姫路城の前を抜けるのだけで15分近くスローダウンを余儀なくされます。

信号待ちの間に改修工事の終わった姫路城を撮ってみました。

 

f:id:underbar_shusai:20180118000953j:plain

夕暮れ時のスマホ撮りなんてピンボケもいいところですね。

 

姫路市街地を抜けて少しだけ急ぎます。かなり時間を食ったのがわかるので少し焦りましたが無事にPC5に到着。

写真は撮り忘れましたが到着時刻は17時34分。貯金は42分まで減ります。残り60キロ弱ほどですからおそらく大丈夫でしょうけど油断は禁物。最後の補給食を買い込みポケットに入れて出発です。

トメルミンが完全に効いたようで眠気はごまかせてますが、その副作用的に異様な集中力とハイテンションがやってきます。ちょうど加古川市までは峠越え、このテンションが残ってるうちにガンガン踏んで一気に越えます。残ったテンションは大声で「ようこそジャパリパークへ」歌いながら発散します。そして追い抜きかけてきた他の参加者に聞かれる始末。ちょっと顔が熱かったですよ。

加古川→稲美→神戸市西区→明石とやや下り基調なのをいいことに250キロ以上走ってきたとは思えないペースで走り抜けます。そしてラストのフォトコントロールである舞子公園(またか)へ到着です。

 

あとは流してめでたしめでたし

舞子公園の石のモニュメントは2カ所あるのでどちらでも可。ですので行きとは違うほうで写真撮ります。

f:id:underbar_shusai:20180118011231j:plain

これであとはゴールだけ。この時点で20時を回ったところですからもう大丈夫。上手くすれば残り1時間切るくらいでゴールできそうですがここでわざとゆっくり。フロントライトとGPS、そしてデジタルキューシートのバッテリ交換して最後に備えて出発です。

 

ゴール後に奈落が待っていた

神戸市内の信号峠を走行しながらスピード調整したのでものすごくゆっくり。結局ゴール地点の湊川神社前のファミリーマートについたのは21時13分。走行時間は19時間13分、47分残しでした。

でも実はこの所要時間、今まで完走した300キロブルベでは歴代2位なんですよね。わからんもんだ。

コーラ飲んで休憩し、後着したオオイシ氏と連れだってHATなぎさ公園まで凱旋走行。

f:id:underbar_shusai:20180118012237j:plain

f:id:underbar_shusai:20180118012253j:plain

無事に認定も完了。お疲れ様でした(この写真は認定サインをもらう前のものです)。

ご褒美のカップめんをいただいて撤収です。さて片付けにクルマへ戻ります。

ムラサキ号をバラしてクルマに搭載、さあ帰るか…と思ったところに嫁からのLINE。

 

「熱が出て寒気がするので寝る。インフルエンザの可能性もあるので今日は帰るな」

 

いや帰るなと言われても。

こっちも腹減って汗だくで疲れてるんだから…とLINE流したのですが返事はノー。

 

駐めてるコインパーキングはラブホ街の一角。風呂もでかいしベッドも柔らかいし出前も取れる、暇つぶしにエロビデオテレビ番組も見られるし至れり尽くせりなラブホに泊まってやろうかとも思ったのですが(別にカップルでなくても一人で泊まれるのですよ念のため)高いしヤメ。とりあえずHATなぎさの湯で汗を流し、通りがかりのなか卯で遅い晩メシ。

f:id:underbar_shusai:20180118013045j:plain

(やはり走ったあとは肉なので唐揚げ定食)

車中泊は寒いので帰りがけのマクドナルドでボックス席占拠し、トメルミンの効果も切れてるので翌朝8時頃まで惰眠。嫁に連絡して休日診療行かせ、私はそのまま自宅へ向かいます。ちょうどもう少しで家に着くぞ、というところに嫁から「ただの風邪。インフルエンザは陰性だった」との連絡。そのまま帰宅します。

その後本格的に寝てしまい起きたのは日が暮れてからでした。よっぽど疲れてたんだな。

 

というわけで1月だけで200・300キロをクリアできました。昨年とは打って変わって順調ですよ。ただこの先日程的に無理のない400・600キロブルベが見つからない。あまり遠征は考えたくないけどどうするべぇ。

 

今は考えないでおきましょう、はい。