ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM224浜名湖200の注意点だよ

昨年と同じコースですが…

AJ静岡のサイトにも公開されたキューシートにも書かれていますが、昨年のPC4だったローソンは閉店したそうで手前のミニストップに変更とのことです。

昨年のGPSデータを流用しようとしてる人(俺だ俺)は要注意。

 

意外にくせ者の坂

最初と最後の登坂(金谷駅菊川駅の間)、ルートラボで見るとゆる坂に見えるのですが(2.5キロで100メートル上がるレベル)、結構狭小路なうえ交通量が多い、更に帰りが日没時間にかかる人は街灯のたぐいがほとんどないので真っ暗けです。悪いことは言わないので自転車には2灯、さらにヘルメットライトをつけておいたほうがいいでしょう。私は鳥目がちのため絶対持っていきます。

 

行きはよいよい帰りは風がきつい(もしくはその逆)

西風か東風かその日にならないとわかりませんが、ほぼ往復コースでありそのうち菊川から弁天島までの遠州灘沿い70キロの間はほぼ直進平坦。ここが追い風向かい風の恩恵と洗礼を受ける場所ですが、今回のブルベ程度の経過時間では往復とも追い風(向かい風)という可能性はほぼないと思います。

つまり、行き帰りどちらかは強烈な向かい風の可能性があるわけで。

そうなったときは素直に足は使わず、追い風の時のみ足を使いましょう。ド平坦なだけに向かい風に逆らうと逃げ場がありません。追い風でうまく加速して時間の帳尻を合わせましょう。特にママチャリやミニベロなど前傾姿勢になりにくい車種の人は要注意。

 

参加2回目なのに偉そうな書きかたをしてしまったですが、目汚しということでご容赦。