ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

布施屋迷宮がなくなってるよ

おそらく騒音・深夜対策かな

オダックス近畿の泉佐野発着ブルベではいつもルート上に含まれているある意味名物?ルート。

 

布施屋迷宮」

 

スタート直後の雄の山峠を下り、和歌山県に入ったところで必ずと言っていいほど横断していたJR和歌山線布施屋駅前の踏切、横断するとそれこそ軽自動車くらいしか通れないような狭小路を通過して西に(300キロ以上)東に散っていく(200キロ、出口のローソンが通過チェック)のが常でした。

ルートラボから画像を抜粋するとこんな感じ。

f:id:underbar_shusai:20180219000415j:plain

(↑↑↑昨年までの泉佐野200ルート)

f:id:underbar_shusai:20180219000517j:plain

(↑↑↑昨年までの泉佐野300キロ以上)

いずれも布施屋駅から県道9号に出るまでが狭小路です。

 

ところが今年の300キロのルートラボを見てると行きも帰りも迷宮を通らない。もしやと思って200と400も見てみるとこちらも見事によけている(200キロは別のセブンイレブンが通過チェックになっていた)。

ルートラボ画像はこちら。

f:id:underbar_shusai:20180219000736j:plain

(↑↑↑私はエントリーしてませんが2018年の泉佐野200のルート)

f:id:underbar_shusai:20180219000831j:plain

(↑↑↑2018年の泉佐野300のルート。千旦駅回りが行き、紀伊小倉駅回りが帰り。400は行き帰りとも千旦駅回りでした。)

 

どちらも見事に迷宮をよけてます。というか布施屋駅自体を通らない。

 

真意は主催者に尋ねてみないとわかりませんが、おそらくこの道は住宅街を通るバリバリの生活道路。ただでも狭い道に少なくはない数の自転車が早朝や深夜に走って行くのは危険かつ騒音も出るから…ということかもしれません。一般道路使って遊ばせてもらってるんだから改正できるところはやっていこうということでしょうね。

 

なんにせよ昨年一昨年のルートラボデータを流用することはできなくなりました。そういうつもりだった人(だから俺だ)は気をつけてくださいませ、はい。