ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

幅広タイプのビンディングシューズを手に入れたよ

結局買い換えるハメになった

先日の泉佐野300を足の痛みによってDNF、痛みの原因は昨年秋購入のシューズが自分の足の形に合ってないからと結論づけたものの、代替のシューズを探すのに難航しました。

 

東洋人に多いいわゆる「甲高幅広」の足の形。ビンディングシューズ出してるメーカーに圧倒的に多いのがヨーロッパ系のメーカー。当然マーケット的にでかいアチラの人々の足の形に合わせたモデルを出してきてますが、その中でもイタリアのSIDIだけは通常ラインナップの他にMEGA FITという幅広タイプを出してます。

http://www.fukaya-nagoya.co.jp/brand/sidi/shoes/road_mega/

 

が、最大の欠点が。値段が高いという。

 

もともと予定のない買い物になるし、今から東京600までにクリートのベストポジション出して置かなければならない、それでいて足が痛くならない失敗無しの一発ツモ、さらに値段が手頃なものを探し当てたのがこちら。

 

f:id:underbar_shusai:20180414223500j:plain

 

シマノ RP3。ワイドタイプ。

さすがは日本メーカーのシマノ、デザインのダサさはさておきちゃんとモデルによっては幅広タイプを用意してくれてる。これまで履いてたのもシマノですが念を入れて大きさもワンサイズアップさせたらこれがぴったりで足も痛くならない(つまりこれまでのは幅も長さもあっていなかった)。それでいて想定の予算内におさまったし一発ツモ成功のようです。

 

ただ、これはSPDSPD-SL兼用のためそのままSPDクリートつけると靴底からクリートがはみ出してちと歩きにくい。そこはなぜかデッドストックしてたクリートアダプターつけて解決。試走しもっての位置調整も終わらせ、万事解決で東京600に挑めることになりました。

 

 

例によって

足の痛みの原因となったこれまでのシューズ、昨年秋におろしたばかりで捨てるにはもったいないし持っていてもしょうがない。ということはまたもやヤフオク行きなんですがこんなの売れるのかな。正直自分では気に入ってなかっただけになんぼ洗濯や漂白できれいにしても値段がつきそうにないのですよ。東京600が終わったら出品して気長にお客がつくのを待ちますかね。

 

※ トラブルを避けるため個人的な売買には応じませんのであしからず。