ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM512川西400を走ってきたよその2

続きです。

 

艦これ5周年おめでとうございます

ちなみに私はアカウントは持ってますが2年ほど前に引退してます。どうでもいいですかそうですか。

 

すんなりと舞鶴市内に入り、水を切らしたので西舞鶴のローソンで給水。ちょうど居合わせた地元?ローディ集団に「今日は何キロのブルベですか?」と尋ねられ正直に答えるとドン引きされた模様。いやいや400キロでドン引きしたら600キロとか日本縦断ブルベとかする人はどうなるんですかと思うところに私もかなり毒されてるなと思うことしきり。

走行再開し中舞鶴のプチ峠越えをすんなり過ぎて軍港の街、今は造船と海上自衛隊の街東舞鶴へ。

この日は海自の一般公開日のようで周辺には見物客も多かったですね。走り抜ける前に適当に撮った写真を1枚。

 

f:id:underbar_shusai:20180516225533j:plain

ホントに適当な写真…。

赤れんがパークでお土産でも物色したかったんですが実はワイヤーロックを忘れてきてしまってるので寄り道もできないという。

長らく続いた京都府の走行も一旦お別れ。峠を越えて福井県に入ります。

 

原発銀座をひた走る

若狭湾沿いの高浜~敦賀間は有名な原発銀座。その是非はここで言う必要もないので割愛。ただやたらと役場の建物とか駅舎とかが綺麗でバブリーなのは気のせいですかね?

そうこう言ってる間に小浜市に入り、昨年の近江八幡400で入り損ねたよさげな大衆食堂の前を通ります。が、先述のとおりここでは食べずに今回も通過。おいしそうだっただけに今度ブルベとは関係ないときに入ろうかと思います。

 

f:id:underbar_shusai:20180516232148j:plain

また来るニャン。

 

そしてPC3のファミマへ到着。

f:id:underbar_shusai:20180516232246j:plain

到着時刻は17時21分で貯金は実に2時間43分。ほっとしたので早めかつ少量の夕食をとり、靴脱いで足を大根干ししながらちとシンキング。うまくすれば日没までに滋賀県に入れるかなと。きつくはないですが日が暮れると若狭街道(国道303号線)の寒風峠越えがやりにくくなる(福井から滋賀への最短ルートのため大型車がよく来る)ため鳥目の症状が出ないうちにというわけで出発します。

 

琵琶湖半周と少し

実質上ここが最後の峠越え。急がず焦らずですが日のあるうちに寒風峠は通過できました。その前に撮った珍写真。

f:id:underbar_shusai:20180516233907j:plain

play.google.com

play.google.com

 

Google Playでしか探してませんがビワイチGOなるアプリはなし。上のどちらかのことですかね?教えて詳しい人。

 

滋賀県に入って琵琶湖まではまたもや快適なダウンヒル…なんですがそろそろヒンヤリしてきて半袖では寒い感覚。トイレと給水も兼ねて今津のローソンでウインドブレーカを重ね着します。持ってきててよかったですよ。

 

ここから瀬田の唐橋までは何度も何度も走ったビワイチのルート。しばらくキューシートも見ずに走れる貴重な区間かも。ただ時計回りでのビワイチなので景色的に面白くない。夜でもやはり反時計回りがいいですよ。

(ビワイチは走行中に湖面が左側に来る=景色を満喫できる反時計回りをおすすめします)

マキノサニービーチの別荘地を過ぎ時折来る対向車がキモを冷やす海津大崎のルートを過ぎ、永原からトンネル1個過ぎると長浜市西浅井、PC4のセブンイレブンに到着です。

f:id:underbar_shusai:20180517003231j:plain

ささっと書いてますがこの区間だけでも20キロちょい、トンネルは緩い登坂とそれなりにドラマはあるんですけどね。

 

そろそろ仮眠取るか…?

到着時刻は20時44分で貯金はついに3時間ジャスト。カップめん食いながら余裕はできた、走りきるためにどこかで仮眠とる必要があるしどこで寝るか?と考えます。出走前に考えてた候補は次の3つ。

  1. 道の駅あじかまの郷(このはす向かい)
  2. 道の駅湖北みずどりステーション(約14キロ先)
  3. 長浜豊公園(約26キロ先)

目論見ではこのPC4は22時頃到着を見込んでおりました。細かい時間差はあれどこの3つの候補を考えてればどこかでちょうどよい眠気が来るだろうと読んでたんです。

ところが予想以上に高速コースなのと足も回るおかげで貯金はできまくる反面仮眠場所にたどり着くのが早すぎるということに。いたしかたない、PC5を目標に行けるだけ行って限界が来たら湖岸沿いの東屋などの寝床を探す作戦に変更です。

賤ヶ岳の旧道を走って足を疲れさせ、波の音以外何もない琵琶湖を横目に走り、長浜・米原彦根と意外に信号峠を過ぎていきますがまだ眠気が来ない。これはあれだ。電池が切れる寸前まで元気で切れた瞬間にどうしようもなくなるパターンだ。東京600浜名湖でも同じ症状だったからある意味怖いぞと思って走ってるうちにPC5のローソンに到着。走行距離は300キロ突破。野洲市まで帰ってきましたよ。

f:id:underbar_shusai:20180517002236j:plain

先着者からは結構お疲れな顔をしてますなと言われます。眠気もそろそろですかね。

到着時刻は0時59分で貯金は3時間33分のフィーバー状態(何)。カップスープ飲んでストレッチして、寝ないまでも少し目をつぶって身体のリラックスに努めます。しかしまだ本格的な眠気は来ない…。

 

続きます。