ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM512川西400を走ってきたよその3

続きです。

 

出発直後に…第一波

1時30分頃にPC5を出発、この分だと夜が明けきらないうちに宇治川ラインを突破することになるな、きついなと思いつつ走らせます。

なぜきついかというと夜中の宇治川ラインはいわゆる走り屋さんのメッカ。二輪も四輪もバリバリにチューンされた自慢のマシンで腕自慢が飛ばしていくところ。そこを目立つようにしてるとはいえ小さな明かりと反射ベストだけの自転車が走っていくというのは危険きわまりない。どこかで時間調整して明るくなってから走るか最大限にスピードダウンして暗いうちに抜けきるかの選択が迫られます。

どうするかを考えながらピエリ守山を通り過ぎ、琵琶湖大橋の前を通り過ぎたところで待望(笑)の眠気が到来。烏丸半島横の道の駅草津へピットイン。トイレ行き直してベンチでまずは30分弱の仮眠。多少頭がスッキリしたところで再出発。スピード落として3時52分に瀬田の唐橋に到着。ここで琵琶湖とはお別れ、宇治川ラインに向かいます。

f:id:underbar_shusai:20180517233453j:plain

第二波はきつい環境で解消

午前4時を回り、時間調整も結果的にできてそろそろ白んでくる時間。それでも油断はなりませんので気をつけながらスピード控えめで下ってまいります。それにしても自転車で宇治川ライン走るなんて何年ぶりでしょう。滋賀県側から来る分にはやや下り基調で楽なんですがゴール地点が宇治市のど真ん中ですからあまり面白いコースではないこともあり避けてきたふしがあります。

f:id:underbar_shusai:20180517234348j:plain

まあ明け方の宇治川(ここはまだ瀬田川ですけどね)ってのは水面が鏡のようでそれなりの風景見せてくれます。

完全に夜も明け、走り屋さんも疲れて家路につく頃。もうすぐ天ヶ瀬ダムかなというところで眠気第二波がやってきます。このあたりは意外にも東屋や休憩ポイントになるようなところが少なくて休もうにもちょうどいい場所がありません。かと言ってこのまま宇治川ラインを下りきってしまうとそこは平等院鳳凰堂からいきなり住宅地になる街中、仮眠取るにはちょっと適さない場所です。致し方なく道路脇の少しくぼんだポイントで地べたに寝そべってウエストポーチを枕にしてそのまま仮眠。横にいたバイクのお兄ちゃんが怪訝な顔をしてたのはこの際無視します。ここでも30分の仮眠を決め込み走行再開。眠気はまだあるもののもう大丈夫。ゴールまではもつだろうと確信します。

 

やはり西国街道を通りたかった

住宅街をうねうねと抜け、久御山町に入ると最終PCのセブンイレブンに到着。

f:id:underbar_shusai:20180517235527j:plain

到着時刻は6時11分。貯金は寝た分それなりに減って2時間9分。PC間の距離57.8キロを5時間12分かけてます。

蒙古タンメン中本の辛いスープに塩にぎりぶち込んでチゲ鍋風な朝食。辛いものは大好きだし眠気覚ましにもなるし胃も動き出す。ブルベ2日目の朝食にはちょうどいいかもしれません。食べて朝の体操してラストラン。

 

京都競馬場の横を通り過ぎ、長岡京市に入ると茨木市までは私の通勤ルートのようなもの(会社に自転車で行く場合の)。ただし狭いけど味のある西国街道経由ではなく国道171号線を通ります。夜が明けてからの171号線は交通量も多いし信号峠も多い(西国街道ならば信号自体が大阪入るまでほとんどない)、追い抜いていく車やトラックが気流を作ってくれてスピードに乗れるメリットもありますがやはり西国街道のほうがよかったですよ。要改善願いたいところです。

 

茨木市にさしかかり自宅の近所を通ったとき、寄って荷物置いてシャワーしてコーヒーでも飲んでいこうかなとも思ったのですが、これは禁じられてる第三者サポートになるだろうしぐっと我慢。新御堂筋との立体交差である萱野を過ぎて右折するとさあ残り3キロ…というところでまさかの雨。

いや最終PCをでた頃から時折空から雨粒らしきのは当たってたんです。ただスタート前最後に見た天気予報では雨は昼過ぎくらいからの予報。帰宅するまでは大丈夫だろうと思っていたのですが早まったみたいです。

それならそれで結構、ラストスパートやということでブン回し、最後の最後に3人追い抜いてついにゴール。

f:id:underbar_shusai:20180518001709j:plain

 ゴール地点のセブンイレブンには8時21分到着。最終的には2時間39分の貯金でフィニッシュ。総走行時間は24時間21分となりました。400キロブルベ最速記録更新です。

 

ハイスピードコースなんだから当然

ブルベカード提出場所はスタート地点のドラゴンランド。スタッフ各位雨の中をテント設置して待機してくださってました。

コンビニレシートとの照合して無事に認定。メダルとオダックス近畿のピンバッジを購入します。

f:id:underbar_shusai:20180518002136j:plain

ドリンクボトルを形どったデザインなんでしょうけど、どう見ても哺乳瓶ですありがとうございます。

雨もひどいのでとっとと撤収したものの、疲れが限界なところに雨で体も冷えてきた。合羽なしなのでずぶ濡れになって帰宅。嫁に連絡しておいたのでお風呂がわいておりました。生き返る…。

 

 

というわけでハイスピードコースでないと絶対出せない24時間21分の自己ベスト記録。全体の順位(あくまで参考値)はどのあたりなのかなとリザルト速報見てみると、下から5番目。鈍足の私が24時間台で走破したら普通の足の人やスピードマンは更に速いタイムで走りきりますよね。20時間切ってる人も数人いて、21~22時間台が圧倒的多数でした。でもいいんです。最初から最後まで納得できる走りをできたので大満足な結果です。

 

なんとかSRリーチにもっていった

上半期でのSR達成はなりませんでしたが希望をつなげられるSRリーチ、秋ブルベにすべてがかかりました。どこに出るかは目下思案中。

そこはゆっくり考えるとして、そろそろ体もムラサキ号も富士ヒルモードにしなければなりません。軽量化と目標タイムに向かっての練習と戦略をこの週末(19日20日)からすすめてまいりましょう。