ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2018BRM915米原600の仮眠場所を探すよ 前編

(2018年9月9日更新)

土砂崩落による国道156号線の通行止めが回復しないため、大幅にルート変更になりました。当記事の大半がルート外になりますので参照せぬようご注意願います。

 

例によって野宿である

資金的な問題もさることながら、貧脚ぶりと眠くなる時間での到着地点を考えると宿やファミレス的なところを探すよりは確実に場所の把握ができる道の駅か鉄道の駅ですかねやはり。

走行コースのルートラボは下のとおり。 

 

 

朝5時にスタートしておそらく眠気が最盛期に入るのは18時間後の23時くらいと考え、走行速度が時速17キロ平均として17×18=306キロ、この地点はちょうど折返しにあたる和倉温泉能登島区間。このあたりを基本に、少し先を含め探してみました。

 

まずは本命、約297キロ地点。折返し地点そのもの(または少しだけ北上)にある道の駅のとじま。

notojima-michinoeki.com

 

案内見た限り休憩場的なものはないのかな。 ただ9月ですから夜もさほど冷えないだろうし、雨でない限りはベンチで仮眠取れるかしら。ちょうど真ん中で折り返し点ということもあり参加者間の競争率は高そうです。

 

次、約306キロ地点。JR西日本のと鉄道和倉温泉駅

www.jr-odekake.net

温泉地の駅だけあって少し騒がしそう、というより駅寝できるような状態でないかも。

更に隣の七尾駅(約312キロ地点)とともに無理っぽいですかね。そもそもどちらの駅も前に立派なホテルや旅館がありますがな。どうにもならないときの非常用ですかね。

 

富山県に入って338キロ地点、道の駅氷見。

 

himi-banya.jp

正式名称はひみ番屋街かな。

かなり人気のスポットのようですので夜中でも車多いかも。隣が公園っぽいので静かに眠れたらいいんですが。

 

この辺までのどこかでうまく仮眠を取れればいいんですが、不足に備えてもう少し先も候補地を見ておきましょう。後編をまて(偉そう)。