ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2019BRM316呉・牛窓400はDNFだよ

この世界の片隅に戦艦大和と潜水艦の街からスタート

まあ、あえなく60キロほどでリタイヤとなったわけですが雹(ひょう)とはちょっと珍しい理由ですね。リタイヤに至るまでですがレポートです。卑屈になるわけではないですが目汚しレベルですよ今回は。

 

f:id:underbar_shusai:20190323223214j:plain

で、新幹線と呉線乗り継いで呉までやってきたのが21時半頃。午前0時スタートですから少し時間があります。駅前ですぐやむだろうと思った小雨を待ちつつ輪行解除してると参加者の若いお兄さんがやってきます。挨拶して雑談してると正月の姫路シリーズ2連発(私の出たいってこい鷲羽山は第2弾ね)出場者というのが発覚。まだ学生さんのようで若くて元気やねぇと少しうらやましく。コンビニで腹ごしらえも終わらせ23時を回ったのでスタート地点の大和ミュージアム前へ走らせます。

 

f:id:underbar_shusai:20190323223257j:plain

あっさりと車検も終わり、ブリーフィングまでしばし散策。

f:id:underbar_shusai:20190323224809j:plain

そういえば今回のブルベカードはPBP仕様でした。かっこいいけど使い切ることはなかった…。

f:id:underbar_shusai:20190323224906j:plain

向かいにあるてつのくじら館前。引退した潜水艦がそのままオブジェになってたりで豪快ですね。

 

スタート前にブログ読者様からエールを受けて(ホントありがたいです。励みになります)、5人ずつの時間差スタートです。少し寒いけど雨も大丈夫そうだし走ってれば暖まってくるだろう…と思ったのはここまで。

 

想定外過ぎる天候

休山トンネルを抜けて広地区を過ぎると参加者はダンゴ状態からばらけてきて私も得意のぼっち走行に入ります。時折ぱらつく雨に悩まされながらも信号の少なさも手伝ってなかなかのペースで走行なんですが気になるのは雨よりもゴロゴロ言い出してる夜空です。雨自体は明け方にはやむだろうと思ったけど雷は勘弁。東広島市をかすめ、竹原市の市街地を過ぎるとこのコース唯一と思われる峠越えに入ります。空は時折光ってきますがまさか落ちないよね、クロモリフレームなんだからそれは勘弁してよと思いながら結構な登坂に苦しみます。もうすぐ登り切るかと思ったときソイツはやってきました。

 

ピカッ…ゴロゴロ…ドーーーーーン!

 

これは近い!危険!早急に避難を!

シャレにならないレベルの稲光と雷鳴、マジで近くに落ちてます。雨足は強まりもうべしょべしょです。雨合羽代わりに着てるウインドブレーカも役立たずで全身濡らしにかかってきます。そして当然のことながら寒い。

 

待避しようにもできそうな軒下や屋根がない、あっても民家で迷惑がかかる、コンビニか何かないかと走らせます、もうすぐ三原市街地のはずだから何か出てくるだろう、そこまで行けばしのいで着替えもできるだろうと急ぎますがここで顔に何か固いものがあたります。

 

はげしく路面に着弾する氷の塊、雹です。お冷やに入ってるようなクラッシュアイスのカチカチ版が大量にムラサキ号に当たるし顔も全身も痛いレベルで当たる、そして道路も滑る、これはアカン。夜明けまでこんな中を走るのか、まだ4時間近くあるし夜盲症の自分にはキツイ条件が重なりすぎて一気にテンションダウン。とにかくコンビニ出てこい、頼む…だけの思いで走らせること30分くらいでしょうか。ようやく出てきたポプラに急いでピットイン。よかった、死ななくてすんだと真剣に思い軒下にムラサキ号止めます。

 

命あってのものだもん

ポプラには私の他に数人待避中でした。親切な店員のおばさん(オーナーさんかな)は夜中に来た濡れ鼠状態の参加者に嫌な顔一つせず応対してくれ、コインランドリーの場所やこの先の案内などしてくださいました。

とにかく体を温めようということで私もカップヌードルとパン、紅茶を購入。厚かましくもイートインもない店内で食べさせてもらえました(ホント申し訳ない気持ちで一杯)。

雹は時折雨に変わるものの相変わらず降ってくるし、冷えた影響か膝の爆弾もしくしく痛むので腹をくくって長時間休憩を決め込みます。

 

1時間ほど経ち、雹と雨はいくぶんかマシになったけどまだ降ってる。膝も痛いし体調コントロールの難しい夜スタートということもあって眠気も限界。完全にやる気なしモードとなります。休憩のおかげで参考貯金がほぼなくなったことと、この先PC1までがもう1本峠越え、PC1まで行っても場所的(尾道市の山間部)に撤退のしにくい地点になるということもありここでDNFを決意。居合わせた参加者も同じ思いのようでお疲れ様、気をつけてとねぎらいながら 散り散りになります。何人かは続行したようですが。

 

20分ほど走り三原駅近くのマクドナルドに入り朝まで仮眠、明けてから電話して正式にDNFを報告し、私のBRM316は終わりました。

 

その後の撤退戦は省略。居直って呉観光してから帰ろうとも思ったけど疲れてそれどころじゃなかったとだけ。

 

さてSR黄信号

前回記事のとおり、GW初日の泉佐野400が実質的な上半期最後の400キロブルベ(川西400は先約ありのため参加できない)となります。いってこいハマイチで600キロを先にクリアしてのSR王手となるかですね。3年前に経験&クリア済みのコースとはいえ油断は禁物ですし、その前にいってこいハマイチですよ。

 

今できるのは備えての体調・メンタル管理と仕事の調整、そして遠征準備だけですよ、はい。