ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2019BRM608川西600はDNFだよその2

本題の前に少しこちらを。

 

チューブレスタイヤはかなり使えるね

ビード上げに関する数々の苦労と少しの試走を経て今回初導入したチューブレスタイヤ、かなり大きい武器となりそうです。

Prime Proホイールがそこそこ軽いというのがあるとしてもチューブがない分重量を食わない、多少の悪路でリム打ちレベルのショックがあってもケロッとした感じでそのまま走れる、突き上げ感が柔らかくて体幹への負担も少ないので結果として安定した定速巡航ができるということで、かなりおすすめ。

ただ走行中以外の外部ショックへの耐性が不明なので長時間や飛行機での輪行(特にスタート地点へ向かう時)は少し怖そうですね。まあ最悪のときチューブ入れれば単なるチューブドタイヤになりますのでそこは使いかた次第でしょうか。手組ホイールも実はチューブレスレディですからグラベルキングがへたったらチューブレス化するかも。

(2019.6.16追記)タイヤの取付方向を間違えてたまま走ってたのを先ほど発見、向き変えてはめ直し…の段でまたもやビード上がらず問題が再発しています。これさえなければ快適なのにねぇ。

 

それではレポート続きです。

 

若狭湾は広い、広すぎる

福知山市街地をさっと抜けて大江から舞鶴市へ入るまでは先日の川西300でも走行した記憶も鮮明なルート。由良川沿いの右岸側が復興途中ということで左岸走行になるのも同じですね。そして向かい風も同じ…。先日ほどきつくはないので下ハン握って少し気合い入れて24キロ巡航で走破。雨も上がりかけの蒸し暑くなりつつなるころですがなんとかクリア。橋を渡り舞鶴市街地を抜けていきます。ガキの頃は親に連れられ、運転免許取ってからは初めて買ったボロ車で友達や女の子連れて海水浴や釣りに来た思い出がありまくりの大好きな街ですね舞鶴

西舞鶴を越え、中舞鶴から東舞鶴に入る頃には少し小腹も空いてきます。PC2もすぐですので補給はそこでするとして少し寄り道。

f:id:underbar_shusai:20190615224356j:plain

f:id:underbar_shusai:20190615224406j:plain

イージス艦かな?(あまり詳しくないのです)海上自衛隊の基地を撮影してみました。かっこいいですが有事で使われることがこの先もありませんように。

f:id:underbar_shusai:20190615224618j:plain

赤れんがパークの駐車場にあります本物の錨のモニュメント。近江八幡400でもこの写真が通過チェックに使われますね。

寄り道で20分ほど時間つぶれたのでPC2に向かいます。東舞鶴市街地から少し外れたところにあるローソンです。

f:id:underbar_shusai:20190615224820j:plain

到着時刻は14時10分で貯金は1時間46分。いい感じで積み上がっていきます。海なのでミニサイズのシーフードヌードルと昆布のおにぎりで少しでも雰囲気を稼いで腹ごしらえ。狭い店なので長居は迷惑ですから10分ほどで再スタート切ります。

 

舞鶴~美浜までの約80キロほどは若狭湾をのぞみ若干内陸に入るものの海辺のルートですから気分はいいです。ただ交通量が多いのと川西400でももちろん、普段の生活でも有用で走ってる道だけにどうにも単調なイメージが。あくびしながら走ってますがそろそろ足の疲れを意識するころでもあります。信号待ちの時にはビンディング両方外してふくらはぎをマッサージしたりぶんぶん振ったりしてなるべく血流よくして疲れをためないようにします。高浜や大飯の原発銀座を過ぎ、釣り客でごった返す三方五湖を過ぎ、ちょっとした峠を越えて敦賀市に入ります。

 

ご当地グルメを楽しもう

距離にかかわらず、自分の鈍足では脇目も振らずに走らないとPCをクリアして仮眠時間を確保など夢のまた夢で、とてもブルベ中にご当地グルメなど楽しむのは無理だと思っておりました。ただ今回は別。

平坦区間がやたらと多く、そしてその区間が信号も少ないため意識していればどんどんと貯金の積み上がっていくイージーコースの部類に入る川西600です。若狭湾を急いだ効果ありでPC2から敦賀に至る時点でできた目論見の貯金は約2時間40分。これなら少しくらい時間をかけて美味しいもの食べても大丈夫だなというわけでスタート前から目星をつけてたご当地グルメの店に入ります。

その店とはここ。

 

f:id:underbar_shusai:20190615230816j:plain

ヨーロッパ軒敦賀金山店

yo-roppaken.gourmet.coocan.jp

敦賀市内のヨーロッパ軒は正式には福井の本店からののれん分けだそうですが本店をリンクしておきます)

 

コース上にあるので一歩も脱線しなくていいというありがたいお店。そして夕飯時には少し早かったので(18時前ごろ)さくっと座れてすぐに注文することができました。
注文したのはもちろん、

f:id:underbar_shusai:20190615232454j:plain

名物ソースカツ丼でした。分厚いトンカツが3枚ついてきててんこ盛りのごはん、単品なら900円、味噌汁とサラダをつけても1100円というリーズナブルさですよ。カツだけにガツガツ食って大いに元気をもらいました。食休みと煙草1本入れて再スタートします。そろそろ敦賀の街に夜のとばりが降りてくる…。

 

続きます。