ナンテナガイミチノリ - _はunderbarと読む Part3 -

ナンテナガイ、ナンテツライ、ソシテ、ナンテタノシイ

2020BRM104神戸200を走ってきたよその3

続きです。

 

やはり人と車だらけ

残り30キロを割り込んで1時間の貯金がありますから事故以外の心配事はなくなってます。伊勢市に近づくにつれ人も車も多くなってきてるのでそこだけ注意をはかりずんずんと進んでいきます。

曲がればすぐに外宮のところを反対に進み、目指すは最終通過チェックの二見浦。朝が早すぎた分眠気がそろそろ来てるので五十鈴川の大きな橋を渡ったところでもう一度休憩。セブンイレブンでコーヒー飲みます。

f:id:underbar_shusai:20200111192753j:plain

セブンアプリのクーポンが期限切れおこしかけてたので使えてちょうどよかった。ゴールまで残り12キロほどです。頑張れ俺。

 

f:id:underbar_shusai:20200111193105j:plain

伊勢戦国時代村から経営状態の関係で何度も何度も名前の変わっている伊勢忍者キングダムにそびえ立つ安土城(笑)。独身時代にクルマで初詣に来たときはここで大渋滞、忍者の格好したお兄さんがチラシ配ってましたね。どうでもいいですかそうですか。

 

道行く人がどんどん増えていき、二見浦が近づいてきます。路地に入って最後の数百メートルは危ないのでしばらくムラサキ号を降りて進みますと、最終通過チェック地点に到着です。二見輿玉神社。

 

f:id:underbar_shusai:20200111193822j:plain

こんな感じで石碑とか夫婦岩の案内看板とかと自車を撮影するのが証明。きびすをかえしてゴールに向かいます。

 

ぜんざい食べよう

渋滞をよけるためとはいえこんな道よく見つけたなというレベルの農道と路地をうねうねと抜け、あっさりと伊勢神宮内宮前へ到着…なのはいいんですがゴール地点のファミマは進行方向の右側。つまり道を横断する必要があるんですがクルマは多いしそこいら中に交通整理の人は立ってるしで信号があってもなかなか横断するチャンスがありません。結局ファミマすぐ手前の地下道を押してくぐり(よく考えたら初詣客に混じってピチピチのレーパンと汚れた体と疲れ切った顔でフラフラと歩いてる変質者だ)、なんとかゴール。

 

f:id:underbar_shusai:20200111194703j:plain

日没までにゴールはなんとかなりました。切らしたタバコ買ってレシートチェック。時刻は16時54分、所要時間12時間24分の1時間6分残しでフィニッシュとなりました。

 

f:id:underbar_shusai:20200111203136j:plain

碧志摩メグさん応援ありがとう。

 

長居は無用なのでゴール受付地点へ向かいます。外宮前の貸し会議室。クルマの間をぬってそろそろと一直線、なんですがちょっと寄り道。

 

f:id:underbar_shusai:20200111202744j:plain

赤福へ寄ってぜんざいをいただきます。閉店ギリギリだったので危なかったですがこれ目当てで走ってきたかもしれないので間に合ってよかった。甘さがすきっ腹の胃にしみます。

 

あらためて受付へ向かいます。

 

f:id:underbar_shusai:20200111203448j:plain

新デザインのメダルをゲット。この先4年間で何枚買うんでしょうね。

 

f:id:underbar_shusai:20200111203545j:plain

完走ご褒美はお正月らしくお雑煮でした。ごちそうさま。

 

最後の罠

 

少しだけ休んで撤収です。近鉄宇治山田駅へ向かいます。遠さは変わらないので伊勢市駅でもいいんですが好みの問題で宇治山田。

 

輪行袋にムラサキ号を詰め込み、さて特急券を買おうと思ったのが18時半頃。大阪方面へ行く特急をおさえようと(蛇足ながら京都方面直通は夕方で終わる)特急券売り場で話しかけると、

 

「次の特急券はもう売り切れたよ~」

 

との非情な駅員さんの回答。そりゃそうか。正月なんだしいい時間のは満員になるわなと納得し、空いてる最速の特急券を買います。

 

f:id:underbar_shusai:20200111204204j:plain

20時31分の大阪上本町行き…約2時間後。

駅員さんのご厚意で輪行袋の置きやすい最後尾席にしてもらえたけど2時間の暇つぶしをどうするべきか。とりあえず土産を物色してメシ屋で時間つぶそうと考えます。

 

f:id:underbar_shusai:20200111204619j:plain

少しくらいいいもの食べようと考え、駅近くの食事処(といいつつ店構えは飲み屋やね)で海鮮丼と伊勢うどんをいただきます。旨かったけど少し量的に少なかったかな。

 

客足が途絶えたのをいいことにここで煙草吸いながら寒さしのいで駅に戻り、無事に特急乗車。松阪から乗ってきて隣席に座った巨乳美人のお姉さんにどきどきしながら少しウトウト。気がついたら上本町でした。日本橋から地下鉄乗り換え、最寄りの駅に嫁が迎えに来てくれました。感謝。

 

 

というわけで2020年最初のブルベは完走で終わりました。それにしても最初の清滝峠は危なかった。登坂が自分のウィークポイントであることは今年も変わらないと思うのでこの先いかに克服していくかがSR獲得におけるテーマでしょうね。登りの少ないコースばかり選んでも登りのないコースはないですからね。せいぜい走り込んで鍛えておきましょう、はい。